next prev cart fb in line link open tw yt

Style 01

カラーの持つ色気を生かす 洗いざらしスタイリング

Salon THE AGATA TOKYO / Hair Stylist NORIHISA IWAI / Model YURI MITSUGI

甘くなりがちな暖色系カラーは、額を出して大人っぽさを意識。少しブラウンみを残したブリーチで一度明るくしてから強めのオレンジを入れたら、アッシュを少しだけミックス。この補色をすることで、くすみのある柔らかいカラーに仕上がる。スタイリングはウェットな状態から手ぐしでラフにかきあげ、スタイリング剤をしっかりつける。フロント周りにつけてから毛先に伸ばしていくように。ラフな束感を出すようにするのがポイント。

Used Items

1.Qinomii ヘアシロップ 80ml ¥2,600(AGATA) 2. N. ナチュラルバーム 45g ¥2,000(ナプラ)

Style 02

ハイライトが放つ透明感は ドライなパーマと相性抜群

Salon RUNO / Hair Styling YUUMI TUKIDA / Model LAYNA

一度ブリーチで抜いて仕込んだハイライトの上から、オレンジブラウンにカッパーを混ぜたカラーを重ねる。割合はオレンジとブラウンが1、カッパーは気持ち程度に。カラーで透明感と動きを、カットで軽さを出すぶん、髪全体に根元からパーマをかけてボリュームを表現。スタイリングはハーフウェットの状態からスタート。ムースワックスを少量ずつ薄く浅く伸ばしていき、パサっとしたドライな質感に。大人っぽいイメージに仕上げて。

Used Items

1. BSスタイリング ワックスフォーム 230ml ¥2,000(アリミノ) 2. アディクション ザ アイシャドウ 040 Dolly Bird ¥2,000(アディクション ビューティ)

Style 03

たまにはエッジを効かせて 暖色系で攻めたロングヘア

Salon JENO / Hair Styling MASAKI HORIE / Model ARISA KAJIYA

キーワードは “人より先を行くお洒落感“ 。強めのオレンジにブラウンをミックスさせたカラーを髪全体を染めたら、根元だけ少しあけて前髪にパーマを強めにかける。ハチ下くらいからはうねるようなゆるいパーマで動きを出したら、お洒落上級者のためのロングが完成。表面に少しレイヤーを入れておくと、ちょうどいい抜け感も出せるので秋冬ファッションにも合わせやすい。最後はスタイリングで少しだけウェットな質感に仕上げる。

Style 04

キャロットオレンジが似合う ニュアンシーなゆるカール

Salon FILMS / Hair Styling NORIMOTO WAKABAYASHI / Model MAIKA OTAKE

ラフに揺れるゆるいウェーブが軽やかなボブには、少し明るめのキャロットオレンジが秋らしい。一度明るくトーンアップしてから重ねると、柔らかさが出てキュートな印象がアップする。膨張色のオレンジが重たく見えないように、中を間引いて毛量を少なくし、前髪にもカットで空気感を表現。中間から毛先にスタイリング剤を揉み込んで手に残った量を前髪の毛先にちょこっとつけるだけで、カールの動きも自然と遊んでくれる。

Photography YUYA SHIMAHARA
Edit & Text SATORU SUZUKI, NATSUMI TAKAHASHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 022』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES