next prev cart fb in line link open tw yt

ABOUT

 漆器とは、木材を加工して作った素地(木地)に、漆の木から採取される樹液(漆)を塗って仕上げた工芸品のこと。現在、23 の産地でつくられる漆器が、国の「伝統的工芸品」に指定されている。中でも福島県会津若松市、喜多方市などで生産される漆器は「会津塗」と呼ばれる。

会津盆地の全景。写真中央には、鶴ヶ城が見える。

会津塗の起源は室町時代に遡り、この地域で力のあった一族が漆の木を植えることを推奨したことが始まりだという。安土桃山時代に領主・蒲生氏郷によって近江(現在の滋賀県)の漆器職人が呼び寄せられ、その技法が会津に広まることで、会津の漆器づくりは進化を遂げ、漆の栽培から加飾までを一貫して行う一大産地となっていった。

「NODATE choco」の塗り工程。木地に直接漆を塗り重ねる「ぶっつけ塗り」の1回目が行われている。

 会津塗の最大の特徴は、多彩な塗りと加飾の技法であるといえるだろう。錆漆を用いた重厚感のある「鉄てつ錆さび塗ぬり」や、凹凸を作った下塗りに色漆を塗り、まるで虫が食ったような斑点の模様ができる「金きん虫むしくい塗ぬり」、木目と艶が美しい「木地呂塗」など、様々だ。

「NODATE choco」 の塗り工程。「ぶっつけ塗り」を終え、漆を拭き取り終えた製品が並ぶ。

 会津塗の生産を行う関美工堂は、昭和21(1946)年に関勇記氏によって創業され、昭和27(1952)年に国内で初めて「楯」を生産した企業だ。もともと東京の表彰記念品メーカーに勤めていた初代が、空襲の影響で故郷の会津に疎開した際に、「会津塗」の技術をいかして業界に恩返しができないかと考え、楯を開発した。創業以来、表彰記念品全般や一般漆器、全国の一般企業や行政からの依頼に応じた特注加工品など、様々なものづくりをしてきた。

 現在は三代目の関昌邦氏が代表を務め、創業の原点である「漆」に回帰。「NODATE」や「BITOWA」、「urushiol」など、今まで培ってきた伝統的な会津塗の技術を用いて、革新的なブランド・製品づくりに取り組んでいる。

木地師の工房で撮影した「NODATE ONE HEART –KAKIKO」の製作シーン。あら型と削り終えた完成木地。

 漆製品は高級品であるが故、特別なシチュエーションで使うべきものという先入観がある。そのイメージを根本から覆したのが「NODATE」である。ブランド名のNODATEは、屋外で行う茶事「野の点だて」が由来だ。野外でも楽しめる漆製品が誕生したきっかけについて、関昌邦さんにお話を伺った。

 「2008年頃、なかなか自分が使いたいと思うような心地良いアウトドア製品に出合えませんでした。それならまず自分用に試作してみようと思ったことが、NODATEが生まれたきっかけです。漆器は、軽く丈夫で、防水性・耐熱性に優れ、塗膜が溶解することもない万能な器です。また、劣化した場合も、漆を塗り直せば半永久的に使用することができるサステナブルな天然素材。日本人が1万年以上も前から暮らしの素材として取り入れ、継承してきた理由はこうした性能面の価値にあるのだと思います」。

会津漆器には欠かせない「鈴木式轆ろく轤ろ」で器の内側を削っている様子。

 NODATEは屋外で使うことが前提の為、艶塗りではなく、漆塗りの原点ともいえる「拭き漆(別称・摺り漆)」で仕上げられている。カジュアルに使うことができ、修理も容易だ。

 「会津塗の職人は分業制です。木地は、『丸木地師』と『板木地師』に分かれます。丸木地師は轆轤を回しながら木を削り出し素地を作ります。板木地師は、板を切ったり削ったりして組み上げ重箱などを作ります。また、塗師も分業で、木地を回しながら塗る『丸塗師』、丸くない木地を塗る『板塗師』に分かれます。仕上げに絵柄を付けるのは『蒔絵師』。色漆で描き完了することもあれば、さらに加筆して本金や本銀の粉末を蒔き付ける場合もあり、そうした材料の使い分けや作業の順番で遠近感のある図案を表現していきます」。

「NODATE ONE HEART –KAKIKO」の製作過程。塗師が漆の掻き傷のデザインの彫り込みを行う。

 一つの製品に対して、何人もの熟練した職人が関わる「会津塗」。大量生産の品には出せない奥行きのある美しさや、その機能性は、彼らの手によって作り上げられている。

CRAFTS

NODATE mug / NODATE mug art work by MHAK

「野に漆」をコンセプトに掲げた新しいスタイルの漆器 “NODATE mug” 。木を削り、漆塗りで仕上げ、ヘラ鹿の革紐をつけているのが特徴。特に革紐は、野山を歩くときや、器を洗ったあとなどに、ぶら下げるためのデザインで、「NODATE」の世界観を表現するアクセントになっている。(紅緋、透き漆、墨黒)各¥5,500 / 会津若松出身のペインターMHAK氏とのコラボマグ。代表の関氏は「加飾のないシンプルな器が売れる時代に、あえて画を取り入れました。伝統的な蒔絵の世界から飛び出し、その可能性を広げる為には、違う世界の表現者の力が必要でした」と語る。(透き漆、墨黒)各¥7,200

plate R100 / serving

R(曲率半径)約 100mm の皿。木目の方向を合わせれば他のサイズ・形状の皿と合わせてもスタッキングでき、美しさだけでなく機能面も配慮されている。(白)¥3,000 / アウトドアシーンにぴったりの大皿。朴木ほおのきの板材を湯曲げして成形する技法でつくられた曲線が特徴。左右の歪曲率を変えることで、有機的にゆがんで見える表情が楽しめる。(透き漆)¥4,700

bento for picnic

奈良時代が起源とされる花見。bento for picnic は、古くから花見の席で人々の傍にあった古典的な重箱・花見重の設えをシンプルにリデザインした一品。重の蓋の内側は会津塗の伝統技法「ぶっつけ塗」で仕上げられ、大胆な印象。絵柄は蒔絵技法によるもの。色漆で麻の葉を描き、乾いた後に漆をつけた細筆で葉脈を描き足し、本金粉を蒔き付ける。雲は本銀粉で描かれており、空気中の硫黄分で硫化し、使い込むことで燻し銀へと変化していく。4つのお重と4枚のお皿を収納。¥111,000

syu-migaki R30(UZU, NAWA, YUI)

会津塗固有の蒔絵技法である「朱磨き」を用いた一品。この作品と「bento for picnic」は、アーティストの Kads MIIDA 氏とのコラボレーション。MIIDA 氏らしいダイナミックな花鳥や縄文文化を意識した図案を、赤黒の二色の世界観に落とし込み、蒔絵師が手間を注ぎ込んで仕上げている。各¥5,000

NODATE ONE HEART –KAKIKO

井浦新氏率いるものづくり集団ELNEST(エルネスト)とのコラボレーション。漆を採取する職人を “掻かき子こ” といい、幹に掻き傷を付け、滲み出る漆をすくい集める。一つ一つ異なる漆の傷痕から日本の美を感じとり、漆の木の傷跡をデザイン化するというアイデアが具現化した。¥15,000

chabu 50(紅緋)

「昭和的一家団欒を野山で」をコンセプトに、リデザインした卓ちゃ袱ぶ台だいとして誕生。驚くべき軽さとコンパクトさで、天板を支える脚は 3mm のシナ合板。これを天板裏の溝に沿って曲げて差し込み、閂でロックする。会津の家具職人が木地づくりを担当し、塗師が拭き漆で仕上げている。¥29,000

Photography KENGO MOTOIE
Edit & Text YURIKO HORIE
写真提供:関美工堂

こちらの情報は『CYAN ISSUE 017』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES