next prev cart fb in line link open tw yt

ABOUT

 東京を代表する二つの硝子工芸品、「江戸切子」と「江戸硝子」。ともに西洋の技術を取り入れ、日本独自の美意識と融合することで発展してきた伝統的工芸品である。
 江戸切子の特徴といえば、硝子に施された美しい切子の細工だ。その模様は、菊や麻の葉、格子など、江戸風情から生まれた二十種ほどの伝統柄が用いられる。

 江戸切子の歴史は、1984(天保5)年、江戸でビードロ問屋を営む加賀屋久兵衛らが英国製のカットグラスに魅せられ、彫刻を入れたことにはじまった。江戸時代には無色透明の硝子が用いられたが、後に藍や紅色の色硝子を無色透明の硝子に着せた「色被いろきせ」硝子が主流となった。

 一方の江戸硝子は、江戸時代からの伝統を受け継ぎ製造された硝子製品である。明治初期に品川の官営工場で導入された西洋式の硝子製造技術により産業として発展した。「宙吹き」「型吹き」「押し型」等の製法があり、職人の手によってつくられるため、すべてが一点物となる。

荒摺りの様子。「割り出し・墨付け」でつけた線や点だけを頼りに、模様を切り出していく。

 廣田硝子は、1899(明治32)年に東京で創業。江戸切子や吹き硝子などの伝統技術・技法を継承し、独自のものづくりを続ける。初代の廣田金太が硝子食器販売業を営んでいたことにはじまり、1915 年頃から硝子コップの製造を開始。2代目の廣田榮次郎の代になると事業が拡大し、東京の硝子産業の発展に尽力した。さらに、3代目の廣田達夫は、大量生産が大勢となった 2000 年代にも、手作業にこだわった新製品を開発。クラシックグラスの復興に貢献した。現在は、4代目の廣田達朗氏がディレクターに就任。江戸切子の製作工程が学べる「すみだ江戸切子館」や江戸硝子の装飾が学べる「すみだ和ガラス館」など、体験型施設を運営することで、硝子製造技術の保存と普及にも力を入れている。

 大量生産にはない、独特のあたたかみと洗練性をもつ江戸硝子。その製法は、吹き竿を用い、手のみで成型する「宙吹き」、木型や金型に吹き込んで成型する「型吹き」、型にガラス種をプレスすることで成型する「押し型」の3種が主な製法である。製造過程の硝子は高温にして繊細であるため、瞬時の判断によって仕上がりの出来が左右される。それゆえ、均一の厚みや形状に仕上げるには、経験と熟練の技術が要求される。

図案の配分を決める。

 この江戸硝子に切子を施したものが江戸切子である。江戸切子の製作工程は4つに分けられる。
 はじめに行われるのが、「割り出し・墨付け」だ。ガラスの表面にカットの目安となる線や点を割りつけて印をつける。そして図柄の基準になる線を砥石で細く浅く削っていく。どんなに精巧な伝統模様でさえも、下絵を描かず目安となる印だけを頼りに模様を切り出していく。

「割り出し・墨付け」の工程。

続いて行われるのが、「荒摺り」だ。墨付けの工程で付けた浅い溝に、回転する荒目の砥石の円盤を当て、硝子の表面に模様のベースとなる溝を削り広げていく。3番目に行われるのが、細目の砥石の円盤を用いて模様を仕上げる「石掛け」である。この工程では、荒摺りで削った模様をさらに細かく、滑らかになるよう研磨していく。最後に、表面を磨いて硝子本来の光沢を与える「磨き」が行われる。削り出された模様を桐製の木盤を使って手で磨けば完成だ。

高速で回転する「金盤」(鉄製の円盤)で溝を削っていく。

 職人の間で脈々と受け継がれる伝統技術によって生まれる「江戸硝子」と「江戸切子」。工芸品としての美しさと日用品としての使い勝手のよさを兼ね備えたプロダクトは、わたしたちの暮らしに豊かな彩りをもたらしてくれる。

CRAFTS

綾 古代色 ウォーターボトル

斜めに交差するカットを織物の「綾」に見立てたシリーズ。東京下町の熟練職人の手により、伝統的な江戸切子の「あられ紋」が施されている。ほんのり色づいた琥珀色の硝子が独特の存在感を醸し出す。コルク栓付き。¥15,000

花蕾(からい)江戸切子 かまぼこ / 江戸切子 あられ

まるで花の蕾のような優美なフォルムに、伝統的硝子表現がほどこされた「花蕾」。切子部分の透明感と赤い硝子のコントラストが楽しめる。技法違い、色違いも。全 16 種類展開。 (写真左)花蕾 江戸切子 かまぼこ ¥15,000、(写真右)花蕾 江戸切子 あられ ¥15,000

月光 霧 / 月光 菊花 / 月光 矢来

伝統的な江戸切子紋をモダンに昇華。耐熱性のある硝子を使用しているため、温かいものを入れることも可能。湯気によって朧月のような幻想的な佇まいに。全8種。(写真左)月光 霧 透明 ¥12,000、(写真右)月光 菊花 透明 ¥10,000、(写真中奥)月光 矢来 透明 ¥10,000

綾 10オンスオールド クリア / 綾 10オンスオールド 古代色

「綾」シリーズのオールドグラス。控えめながらも、重厚な存在感を放つ切子のカットが上品。普段づかいにも、特別な日にも重宝する 10 オンス。桐箱入りなので、贈り物にしても喜ばれそう。綾 10オンスオールド クリア ¥5,000、綾 10オンスオールド 古代色 ¥6,000

切子模様文鎮 七宝 / 漆硝子文鎮 矢来柄

(写真左)光の屈折が美しい光学硝子に、伝統柄の七宝をあしらって。切子模様文鎮 七宝 ¥8,000 (写真右)江戸切子と会津塗の技法が融合。底面の漆に切子を施すと、屈折が起こり角度によってさまざまな表情が生まれる。漆硝子文鎮 矢来柄 ¥20,000

Photography KENGO MOTOIE
Edit & Text YURIKO HORIE

こちらの情報は『CYAN ISSUE 023』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES