next prev cart fb in line link open tw yt

古代ギリシャ時代のパンやイギリスのもっとも古い伝統ケーキにも使用されているなど、かねてよりお菓子作りに取り入れられてきたキャラウェイ。ぷちぷちとした食感だけでなく、焼いてさらに芳ばしくなる香りが、ベイクド料理に相性抜群。

キャロットケーキ

[材料 15cm 型1台分]

人参(すりおろし):100g
オレンジの皮(すりおろし):大さじ1

a* よく合わせておく
薄力粉:170g
ベーキングパウダー:小さじ1
キャラウェイパウダー:小さじ 1/2
シナモンパウダー:小さじ1
ナツメグ:少々
塩:小さじ 1/3

全卵:2個
ブラウンシュガー(三温糖などでも可):100g
サラダ油:80g

*b
クリームチーズ:150g
レモン汁:小さじ2
砂糖:大さじ1

[下準備]

・オーブンを 180℃ に予熱しておく。

手順

01. 卵と砂糖を泡立て器ですり混ぜ、さらにサラダ油を加えよく混ぜる。
02. a* を加えゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
03. オーブンシートを敷いたケーキ型に流し込み、余熱していたオーブンに入れ 180℃ で 45 分焼く。
04. 焼き上がったら型から外して網等にのせて粗熱をとる。
05. b* をよく混ぜ合わせて、熱が冷めた4に塗る。

キャラウェイシードのライ麦パン

[材料 1個分]

強力粉:220g
ライ麦粉:50g
全粒粉:30g
キャラウェイシード:小さじ2
塩:小さじ 1.5
水(常温、あれば硬水):230g
生イースト:3g
モラセス:小さじ1

[下準備]

・分量の水から大さじ1取り分け、生イーストと混ぜておく。
・残りの水にモラセスを溶かしておく。
・粉類はよく混ぜ合わせておく。

手順

01. ボウルに全ての材料をいれ、菜箸などで粉っぽさがなくなるくらいまで大まかに混ぜ合わせる。
02. 1が 1.5 倍になるまで発酵させる。オーブン 35℃ で 45 分程。
03. 打ち粉(強力粉分量外)をたっぷりして、拳で優しくつぶしガス抜き。生地をひろげて丸めてを2〜3回繰り返す。
04. ダッチオーブンもしくは鍋にクッキングシートをしき、その上に3をおく。蓋を閉めてオーブン 35℃ で2倍になるまで発酵させる。
05. 一度オーブンから鍋を取り出し、250℃ に余熱。その間に切れ目を入れる。
06.余熱完了したら再度鍋を入れ 250℃ で 40 分。蓋をあけて 200℃ で 10 分程焼く。

山崎 由貴

フードスタイリスト/東京生まれ。幼い頃からの料理好きが高じて、大学では栄養学を学ぶ。卒業後メディカルハーブの知識を習得するため渡英。2015年田中伶子クッキングスクールより独立。

Photographer SUGURU KUMAKI
Food Styling YUKI YAMAZAKI
Edit & Text KAORU TATEISHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 023』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES