next prev cart fb in line link open tw yt

HIGHLIGHTER

瞳に光を引き込み、ワンランク上の顔印象を目指す新発想のハイライター

イプサはプロのフォトグラファーが撮影時に使用する白いレフ板に着目。瞳の中にキャッチライト(白い光)を映りこませることで、健康的で生命感溢れる印象を生み出すことができると考えた。白いレフ板効果を肌に仕込む「ホワイト層」、これを白浮きさせない肌なじみを叶える「カラー層」、2層のマーブル設計を採用し、瞳の存在感を高め、肌の透明感、顔の立体感印象までも高めてくれる「キャッチライトスティック」を発売する。

スティック状のハイライター。カラー層の色は、肌測定器イプライザーで自身の肌に足りない光の色を測定し選ぶことができる。キャッチライトスティック 全3色(ブルー・イエロー・ピンク)本体価格 ¥3,500 / 2020年2月21日発売(IPSA)

Photography YUYA SHIMAHARA
Edit & Text SATORU SUZUKI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 024』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES