next prev cart fb in line link open tw yt

Sweet Pink / Healthy Spice

ピンクが主役のメイクをするなら、この春は大人っぽいヘルシー要素を入れて。甘々しくならないカラーバランスにすることで一気に今年らしい表情に。

dress ¥109,000 / MARTIN GRANT PRE(TOMORROWLAND)ear cuff ¥7,000 , ear cuff or ring set ¥6,500 , ring set ¥7,500 / MONDAY EDITION(GEM PROJECTOR)shoes / stylist one's

MAKE UP

愛らしいピンクの目元と指先で、ヘルシーなブラウン頬とクールな深みリップをサンドイッチして “甘スタイリッシュ” に。

USED ITEMS

子供っぽく見せないコツはカジュアル過ぎない色と質感

1. 肌の内側から湧き上がったように自然な色づき。新色のシマリングレッドブラウンは、まさに血色感+陽射しの輝き。2. 華やかなローズピンクとブラウンベージュでロマンティックなまなざしを演出。マットとシャイニー、2つの質感で奥行きの表現も簡単。3. みずみずしいツヤに満ちたクリアな深み、ジューシィな大人のぶどう色リップ。4. 22カラットのゴールドパウダーを配合したサテンタッチのオイルテクスチャー。肌に溶け込むようになじみ、ファンデ前の肌を洗練された光感で包み込む。5. 微かなくすみ感によって春に似合うパステルピンクをモダンに昇華。

Eye ピンクは必ず濃淡差を

2の右上ピンクをアイホールにぼかし、上まぶたキワに右下のブラウンを入れて陰影感を。左下の濃いピンクは下まぶたの目じり側に効かせて、左上のペールカラーは眉骨のハイライトに。

Cheek 温もりあふれる上気ツヤ頬

4の下地を、よく振ってから指先に取り、ベースメイクのはじめに頬骨と鼻すじにツヤを仕込む。1のチークは頬の内側から丸く広めにぼかして。大きめのブラシでふわっとのせると失敗しにくい。

Lip & Nail 質感で楽しむベリーピンク

3のシアーな深み色リップは、スティックのままあえてラフに塗り上げる。ネイルは頬色と共鳴する5の軽やかでウォーミィなピンクをセレクト。短く整えた爪に二度塗りで仕上げて。

OTHERS

1. イリデッセントなモーヴが入り、華やかなピンクをシックに大人っぽくこなせる配色。【PHOTO:©CHANEL】2. ノーパールのブライトな発色。心踊る春のムードを盛り上げるサーモンピンク。3. メイク前に一滴、美ツヤを仕込めるオイル。4. 朝露のようにピュアなツヤ&血色を演出。5. 濡れツヤこぼれるベリー色。

Photography KENTA KARIMA
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling NATSUKI TAKANO
Model YU HIRUKAWA(STARDUST)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 024』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES