next prev cart fb in line link open tw yt

ATELIER MERCIER 2020 SPRING supported by CYAN

春夏のカラーメイクを楽しむための肌づくりとは?

 自分自身がもつ美しさを引き出すビューティを提案し続けるローラ メルシエとCYANがコラボレーションしたメイクアップイベントが2月18日に開かれた。

 2度目の開催となった今回は、6種類という豊富な展開の『ピュア キャンバス プライマー』と、発売前から美容業界で注目を集めているクッションファンデーション『フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション』にフォーカス。ローラ メルシエ PRの木村桂子さんとCYAN・鈴木暁編集長によるメイクのトレンドやアイテムの魅力についてのトーク、さらにはスペシャルゲストによるメイクアップショーも混じえ、春夏の肌づくりを先駆けて体験できるイベントとなった。

左が3月4日発売の『フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション』。右は6種の『ピュア キャンバス プライマー』。

プロの技をものにするメイクアップセミナー

 第1部では、人気サロンのヘアスタイリストを招いたメイクアップセミナーを実施。CYANでもおなじみのヘアメイクアップアーティスト岡田知子さんとモデルの椎名美月さんをゲストとしてお迎えし、メイクアップのデモンストレーションを披露した。
「カラフルなアイやリップがポイントとなるメイクが、今年の春夏のトレンド。だからこそ、肌は軽やかかつ上質に仕上げてあげることが重要」と語る岡田さん。クリーンで透明感のある旬な表情のつくり方を、丁寧に解説してくれた。

ヘアメイクアップアーティストの岡田知子さんのテクニックに惚れ惚れ。今季のトレンドから細やかな技術についてまで、ためになるコンテンツが盛りだくさんだった。「今回のベースアイテムは、自分自身の美しさを引き立たせてくれるもので、最高の自分の姿を思い浮かべながら使ってあげてほしいです」(岡田さん)
肌は『ピュア キャンバス プライマー』のイルミネーティングとブラーリングをそれぞれ部分使い。さらに『フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション』で肌に “動くツヤ” を。パウダーでマットな部分も作り、コントラストがある肌をつくるのがポイント。目元は、広めに入れたブロンズカラーに寒色のラインを合わせ、ドラマティックでありながら透明感のある印象に。唇はニュートラルなベージュで仕上げた。「派手な色を透けさせて使うような、カラーを匂わせるメイクが気分です」(岡田さん)
モデルは椎名美月さん。one-piece / AOI WANAKA, shoes / Sellenatela, pierce / sobi

 今回のメイクアップセミナーは、デモンストレーションのあとに、実際にローラ メルシエのアイテムを手に取りながらそれぞれのモデルにメイクを施すことができる実践形式。プライマーやクッションファンデーションの革新的な質感を体感するのはもちろんのこと、ファンも多い既存のリップスティックやアイカラー、発売前のフェイスイルミネーターなどもお目見えし、ローラ メルシエの魅力にたっぷりと浸ることができる時間となった。

岡田さんのデモンストレーションを参考に、アーティストのサポートを受けながら各々のモデルをメイクアップ。
セミナーに参加いただいたヘアスタイリストによるメイクアップ。
ヘアやファッションも合わさって、より春ムードが高まる。

華やかな空間で美しくなる

 第2部は、岡田さんと椎名さんによるメイクアップデモンストレーションに加え、タッチアップスペースやケータリングが楽しめるテーブルが登場し、さらに華やいだ雰囲気に。
 タッチアップスペースでは、自身の肌が必要とするプライマーとクッションファンデーションをアーティストと相談しながら選ぶことができた。迷ってしまうほど多彩なラインナップだからこそ、トライできるのは嬉しい。ここでも人気アイテムや発売が待ち遠しいアイテムも勢ぞろいし、ますますローラ メルシエの虜になってしまうような空間だった。

アーティストがひとりひとり丁寧にタッチアップ。
ときめいてしまうほどのケータリングフードも、会場に華を添える。
春夏の訪れが待ち遠しくなるようなトークとデモンストレーションを繰り広げてくれた4名。左から、鈴木編集長、岡田さん、椎名さん、木村さん。

Photography MIE NISHIGORI
Edit & Text TOKO TOGASHI

SERIES