next prev cart fb in line link open tw yt

Gold & Brown / Clean Aura

ベーシックなブラウンベージュ系のアイカラーは、のせ方で新鮮さを演出。「面をしっかり出していくと旬のモダン&クリーンな印象に」(ヘアメイク岡田知子さん)

one-piece ¥86,000 / 3.1 Philip Lim(3.1 Philip Lim Japan) pierce ¥74,000 / O THONGTHAI(MATT.) shoes stylist one's

MAKE UP

ベーシックな色みは、素肌っぽいベースでこなすと抜け感アップ。赤みやくすみ感のみ美容液ファンデでカバーするシンプルさが吉。

USED ITEMS

色の彩度やツヤめきの強度をそろえてリラックス感を演出

1. この春の新色コレクションから、“眼差しに抽象画を広げる”アイパレット。開花直前のつぼみのような、微笑みのエネルギーを映した色合い。2. コーティングされた顔料がエマルジョンの中に拡散されていることで、素肌と一体化するような薄く均一な伸びと同時に適度なカバー力を発揮。抜け感のある潤いツヤ肌がノーテクで叶う。3. 新製品のリップはまるでグロスを固めたような厚みのあるグロッシー感。人気必至のキャラメルブラウンは今季トレンドのゴールドメイクと相性抜群。4. スタイリングにたおやかなモード感をプラス。自然が放つやすらぎのエネルギーを色に閉じ込めたような、イノセントなムードのグリーン。

Eye 彩りレイヤーで面を強調

1の右下のベージュを眉下の目元全体にぼかしこみ、下まぶたキワもチップでなぞる。左下のブラウンは目じりをくの字で囲むように入れて、まぶたの中央に左上のゴールドを重ねて光感を。

Lip キャッチーな色感を選んで

選んだのは、エアリーなつけ心地で色ツヤが唇と一体化、テクニックいらずな赤みブラウンのリップ3。スティックのまま、唇の自然なフォルムに合わせて内から外へと塗り上げる。

Nail 指先にひとさじのエッジィ

指先にはクールカラーをコーディネイトすることでウォームなメイクに春らしい爽やかさを。ほどよく大人の落ち着きを感じさせる4のグレイッシュグリーンを短めの爪に二度塗り。

OTHERS

1. アイメイクの洗練度がぐんとアップ、くすみ感を打ち消すようなほのかなピンクの発光感。2. スモーキーブラウン×上質ゴールドで洗練のメリハリ。4. スキンベージュパールの配合により、肌色に溶け込んで肌を美しくみせるキャラメルブラウン。5. シルバーパールの光沢がクールに色めくグリーン。

Photography KENTA KARIMA
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling NATSUKI TAKANO
Model YU HIRUKAWA(STARDUST)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 024』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES