next prev cart fb in line link open tw yt

自然体のスリークなテクスチャー

ドライ、セミウェット、ウェット。どれに当てはまるでもない、髪本来が持つツヤに近づけた精妙なテクスチャーを追求。春の陽差しを浴びながら自由に動くそのままの毛流れも大切に。

01 毛先の重さをそのままに

重めのブラントカットで、毛先にしっかり厚みが出るように毛量の調整は一切しない。カラーは肌がくすまないようなブラウンベースで、シルバーと柔らかさを出すパープルを混ぜて上品に仕上げる。コテを使うのは毛先のみ。“巻く”のではなく、熱の残ったコテを毛先にだけあてて外ハネにクセづけるように。ミスト状のスタイリングローションを髪の内側からしっかり吹きかけて表面にツヤっぽさを。

02 タイトなクラシカルヘア

上のダウンヘアとは雰囲気を変えて、品のあるクラシカルなアレンジに。シアバターを前髪までしっかりつけて、面のツヤと毛流れを強調。顔まわりの毛は両耳にかけてぴっちりとタイトにまとめ、ワンポイントとなるピンを片方の面にだけ留める。前髪を上げて額を出すことでより大人っぽい表情に。口元にはうるおいのある濃いめの赤リップを塗って、より艶やかで魅力的な女性へと昇華して。

03 媚びない自然体な質感

ドライでもウェットでもないツヤのある質感で、自由に生きる女性をイメージしたミディアムヘア。重たさを残したカットラインで、顔まわりはレイヤーベースにカット。陽に当たると透けるような、まろやかなベージュでカラーして、髪の柔らかさを演出。ミルクタイプのスタイリング剤をパール一粒大出して全体に揉み込み、自然なツヤ感を出す。32㎜のコテでクセづけてゆるやかな毛流れに。

04 無造作なおだんごヘア

ざっくりとまとめたおだんごアレンジ。ダウンヘアでも使用したベタつきのないミルクタイプのスタイリング剤をパール2粒分手のひらに出して、髪全体に揉み込む。手に余ったテクスチャーを前髪にも。毛束を指でつまむようにつけて額にフィットさせる。顔まわりの毛束は数本残しながら、手ぐしで髪全体を下方にまとめておだんごに。ボリュームをダウンしつつも束感を出した前髪がポイント。

Salon KATE
Hair Stylist RIKA(01, 02)ANZU(03, 04)
Model SOPHIA IGARASHI(01, 02)RIE LAUTENSCHLAGER(03, 04)
Photography YUYA SHIMAHARA
Edit & Text ARISA SATO

SERIES