next prev cart fb in line link open tw yt

Style 01

きちんと毛先を遊ばせる大人のフレンチショート

tops ¥9,000 , 中に着た rib tops ¥11,000 , pants ¥35,000 / DOMENICO+SAVIO sunglasses ¥32,000 / EYEVAN(EYEVAN PR)

切りっぱなしのマッシュショートは、「ハンサム一択」と思われがちだが、スタイリング次第でその印象は様変わりする。例えばもっと遊びがほしいときは、毛先の立ち上がりが絶妙な、N. オムのジェルグリースが丁度いい。アイロンを通した髪に、程よくウェットな質感とキープ力を与えて、洒落感のあるフレンチショートが実現する。メイクは、眉毛は太く強調し、リップにはしっかり赤をのせる。作り込みすぎないシンプルなメイクでパリジェンヌっぽくキメて。

How to Styling

N. オム ジェルグリース 80g ¥1,500(napla)

前髪は、濡らしてタオルドライした状態から、細いブラシで内巻きにブローをして、おでこに沿わせるようにあらかじめ丸みをつけておく。全体は、アイロンで毛先を少しずつ挟んで、外ハネにクセをつける。スタイリング剤に、ジェルグリースをパール一粒大ほど出して手にしっかりと馴染ませ、毛先を引っ張るようにして揉み込む。手に余ったテクスチャーを、前髪の毛先のみにつけて、ややウェットに。

サングラスにはレトロなヘアと素肌感が大切

夏のファッションアイテムとして必需品となるサングラス。切りっぱなしのショートヘアには男前すぎる印象だが、ヘアにフレンチっぽいアレンジを加えるだけでこなれ感が出る。今年のサングラスはコンパクトなレンズが流行だが、CYANなレディならアクリルフレームの少し大きめなレンズで、リゾート感を出すのが正解。サングラスを外しても目力が半減しないようにアイメイクはしっかりと。逆に頬はチークレスで、自身の自然な血色くらいが丁度いい。

Style 02

直線を生かして隙を与える自然なニュアンスづくり

dress ¥24,000 / ne Quittez pas(ne Quittez pas AOYAMA)

コテやアイロンを使わず、切りっぱなしの直線を生かした “夏らしい抜け感” づくりに注目。切り揃えた髪はそのままでも美しいが、ほんの少しの空気感とツヤを仕込むだけで柔らかい印象になる。自然な程度にまとまるスタイリング剤を選んで、ショートヘアでもひと手間は惜しまずに。また、メイクも赤やピンクでなく、オレンジのワントーンにすることで表情にも抜け感が出る。顔まわりに真っ直ぐなラインが出るヘアは、アイメイクを抑えることも重要。

How to Styling

N. スタイリングセラム 94g ¥1,800(napla)

ショートヘアなら、スタイリングセラムを2プッシュほど手に出して毛先3cmくらいを目安に揉み込む。襟足はタイトな方が後ろから見たときのシルエットに愛らしさが出るので、多めにつけることを意識。きっちりと揃ったカットラインと対照的に、もみあげには軽くテクスチャーをつけてセミウェットにし、ラフに仕上げる。夏のダメージで乾燥して広がりやすい髪も、適度なしっとり感でまとめてくれる。

大ぶりアクセサリー以外の盛りつけはなくていい

夏の定番といえば、大ぶりのアクセサリーとシンプルなワンピース。この組み合わせを纏うなら、ヘアスタイルは自然体に近い方がいい。オールバックにしたり、ウェットヘアでタイトにまとめると、キメすぎていて隙がなく、しつこい印象になってしまう。ふんわりと、でもまとまりのある髪で清楚なロングワンピースもさらりと着こなして。メイクは、フレッシュなワントーンで、目元はマスカラのみ。チークは頬骨上めに逆三角形に入れてレディに仕上げる。

N.

ヘアデザインはタイトなのに、自然体にしっかりキマる。

L to R:N. ポリッシュオイル 150ml ¥3,400 , N. ナチュラルバーム 45g ¥2,000 , N. スタイリングセラム 94g ¥1,800 , N. オム ジェルグリース 80g ¥1,500(すべてnapla)

自然由来の恵を存分に受けたブランド「N.(エヌドット)」のスタイリング剤は、CYANレディにもお馴染みのアイテム。天然由来成分のみでできたオイルは柑橘系の香りで軽いつけ心地(写真左)。セット力のあるバームは、マルチユースタイプ(写真中央左)。絶妙な濡れ感のニュアンス出しに適したセラム(写真中央右)。そして、新しく注目したいのがジェルグリース(写真右)。グリースとジェルの両方の良さを兼ね備えて、ウェットな質感を出しながらセット力もある優秀なアイテムだ。スタイリング剤だけでも幅広い役割をみせるラインナップで、夏のヘアアレンジももっと楽しくなるはず。

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up TOMOE NAKAYAMA
Styling NATSUKI TAKANO
Model YU HIRUKAWA(STAR DUST)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text ARISA SATO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 025』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES