next prev cart fb in line link open tw yt

Different textures / Complementary color

メタリックとマット。オレンジとグリーン。極端なもの同士が出会って生まれる、思いもよらない新鮮さ。

dress ¥28,000 , shoes ¥14,000 / ne Quittez pas(ne Quittez pas AOYAMA)

MAKE UP

「派手なイメージになりがちなグリッターも、他のパーツをできるだけレスにすることで、品のよさを保てます」(ヘアメイク岡田知子さん)

USED ITEMS

“異なる”アイテム選びが鍵。組み合わせを楽しむメイクアップ。

1. クリームのようにユニークなフォーミュラで、ひと塗りでまぶたにぴたっと密着。2. 面で密着する板状パウダー配合で、肌と一体化するような印象。3. 肌にのせるとパウダーに変化し、フレッシュなオレンジが頬に溶け込む。4. ソフトマット質感とスキンベージュが軽やかな抜けをもたらす。5. クリアな発色とガラスパールで爽やかにきらめくグリーン。6. 妖艶さも秘めたダズリングボルドーは、角度やまばたきによって瞳そのものに表情を宿らせる。

Eye 光と影を操る煌めきアイ

1をブラシで、アイホール全体にしっかりとのせ、グリッターをたっぷりと輝かせて。下まぶたには6でラインを引き、付属のブラシでぼかして、より印象的なまなざしへ。

Skin & Cheek 肌で全体の均衡を保つ

煌びやかな目元を品よくまとめるため、肌は、2を薄く全体に伸ばし、清潔感のある艶を意識して仕上げる。頬の内側部分に小さめに3をのせて、にじみ出るような血色を。

Lip & Nail さりげなく軽やかに色づけ

口元は対照的に、やわらかな光沢をわずかに秘めた、マットタイプの4を直塗り。指先には、洋服とリンクさせた涼しげなグリーンの5をのせれば、一挙一動に目が奪われる。

OTHERS

1. ワンストロークで鮮やかに発色、サテンのような光沢をもって唇を飾るワインカラー。2. 濁りない発色と濡れ感、光が集う上質なきらめきで、奥行きある目元に。3. 「火照紅」の名の通り、自然とほてったような赤みが夏の顔へと後押し。4. 化粧水のような心地よさで、くすみをカバーしてくれる、スキンケア発想のメイク下地。5. 「メロディー」と名づけられたターコイズブルーの鮮やかさで、心も躍り出す。

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling NATSUKI TAKANO
Model LUKA
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text TOKO TOGASHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 025』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES