next prev cart fb in line link open tw yt

Bright lip / Bronze liner

ハットから覗く、ブライトな夏色のリップ。隠れていた目元があらわになれば、濡れたようなまなざしに釘づけになる。

dress¥46,000 / MALION Vintage shoes¥14,000 / ne Quittez pas(ne Quittez pas AOYAMA) hat / Stylist’s own

MAKE UP

「リップが主役のときは他をすべて引き算しがちだけれど、今年は抜き方を少し進化させてあげて」(ヘアメイク岡田知子さん)

USED ITEMS

色や質感にとどまらない 夏を見据えた機能性にも注目

1. 空気中の微粒子や紫外線、乾燥などの環境ストレスからも肌を守るサポートをしてくれる、夏の強い味方。2. 深い艶が印象に残る目元に誘うブロンズのアイライナーは、ウォータープルーフタイプでにじみも防いでくれる。3. 毛流れを素早く整えながら、さらに汗や皮脂に強い処方であるのもポイント。4. サテンのようななめらかさで、唇の輪郭を正確にたどり、キープしてくれるリップペンシル。【PHOTO:©CHANEL】5. 唇にぴったりフィットして、鮮やかにコーラルカラーが発色。【PHOTO:©CHANEL】6. ゴールドのネイルで優雅なリゾート気分を。

Eye ブロンズのアクセサリーで飾る

眉は、パウダーで毛の隙間を埋めたら、3で毛流れを整える。目元はアイラインのみでポイントを。ウェットに輝く2を目頭から一定の太さで、目尻まで少し長めに引いて。

Skin パーツを引き立てる艶肌

リップがメインのメイクを施すときは、肌くすみをしっかりとカバーするのを忘れずに。カバー力はありながらも、重たさを感じさせない1で、ほどよい艶をもたらして。

Lip & Nail 心まで染めるコーラルリップ

目元が隠れがちなハットには、唇だけでも語れるように。4でリップラインを丁寧かつオーバー気味にとったら、5のマットなリップを2度塗り。指先にはリュクスな色みを。

OTHERS

1. ソフトフォーカス効果で肌の気になる部分を視覚的にカモフラージュしてくれる。2. パウダータイプのパレットは、2色をブレンドして、自分の眉毛に合うカラーをつくって。3. パールひしめくミスティベージュが、センシュアルな表情へ誘う。4. 唇を染め抜くようなマット質感ながらも、空気のように軽やかなつけ心地。5. 上質なドレスの光沢を彷彿とさせる、ヌーディなイエローゴールドを指先に添えて。

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling NATSUKI TAKANO
Model LUKA
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text TOKO TOGASHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 025』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES