next prev cart fb in line link open tw yt

ABOUT

1975(昭和50)年、伝統工芸品の指定を受けた「熊野筆」。その歴史は180余年にも及ぶ。主な生産地は、広島県安芸郡熊野町。四方を山々に囲まれた自然豊かな土地で育まれてきたその技術・技法は、時代に適応しながら、脈々と受け継がれている。熊野筆の伝統を重んじながらも、革新的なものづくりを続ける瑞穂に迫る。

筆の都・熊野町。高原状の盆地で、周囲に山々が連なる。

熊野筆の歴史

 日本における筆の歴史は長い。仏教が盛んになった奈良時代に国内で筆づくりがはじまり、日本の文化や芸術を支える礎となってきた。
 熊野筆の歴史は江戸後期に遡る。広島県の山間部に位置する熊野では、農業のみでは生活が成り立たず、多くの農民が農閉期に紀州(現:和歌山県)の熊野地方や大和(現:奈良県)の吉野地方に出稼ぎに行っていた。紀州や大和でつくられた筆や墨を仕入れ、売りながら故郷を目指したことで地域と筆の関連がうまれた。その後、広島藩主の御用筆司のもとで筆づくりを学んだ熊野の住民が村に戻り、技術を広めたことが熊野筆のはじまりとされている。現在では、書筆のみならず画筆や化粧筆などがつくられ、国内生産の8割を占めるほどの筆の産地として発展を遂げた。

美しく揃えられた「穂首」。

瑞穂のものづくり

 1980年、熊野町で創業した瑞穂。熊野筆のすぐれた伝統技術と職人技を継承し、革新的なものづくりを続けている企業だ。瑞穂では、若手からベテランの職人30人余りが、化粧筆や画筆などの生産に携わっている。伝統の手作業を守り、選毛・整毛・加工・組立・検品まで、すべての工程が社内一貫体制で行われる。熟練した専門の職人たちがそれぞれの工程を担う分業体制が敷かれ、品質が厳しく管理されている。
 自社で手がける「SHAQUDA」は、熊野の伝統的な筆の技術・技法と洗練されたデザインが融合した新時代のブラッシュブランド。使い手のライフスタイルや用途に沿うようデザインされたプロダクト「UBU」「SUVÉ」「MISUMI」を展開。熊野筆の新たな可能性を提案する。

「山出し」の工程ののちに行われる「糸締め」。指先で微調整しながら、理想の穂首の形に整えていく。

完成までに経る数々の工程

 1本の熊野筆が完成するまでには70以上もの工程が必要とされ、そのほとんどが手作業によるものである。瑞穂では、それぞれの工程に熟練の職人が携わり、原材料の選定から組み立てまでが一貫体制で行われる。ここでは、瑞穂の化粧筆ができるまでの主な5つの工程について紹介していく。

「整毛・選毛」の工程。筆の用途によって、用いられる原毛が異なる。

 はじめに行われるのが、「整毛・選毛」である。「整毛」の工程で丁寧にクシをかけて毛を均等に揃えた後、筆にふさわしい原毛を選ぶ「選毛」が行われる。これは、品質を大きく左右する重要な工程である。熊野筆は主にヤギや馬などの原毛が用いられ、その絶妙な配合によって肌当たりや使い心地が変化する。
 続いて行われるのが「逆毛・すれ毛取り」である。毛先を整え、「反差し」と呼ばれる小刀で逆毛やすれ毛を抜き取っていく。指先の感覚で肌触りの悪い毛を選別するため、長年の経験と技術が必要となる。この工程を何度も繰り返すことで、より肌触りのいい化粧筆が出来上がる。

「逆毛・すれ毛取り」後の様子。

 3番目の工程が「山出し」である。この工程では、「コマ」と呼ばれる木筒の中に毛を入れ、振動させることで毛先を山型に整える。理想の穂首をつけ接着剤で固定する。近年では、筆づくりの原点に立ち戻り、UBUシリーズのように金具を用いない製品も多くつくられている。
 最後に行われるのが「軸付け・検品」である。毛抜けや毛切れなどがないか入念に検査を行い、穂先を整えれば完成だ。こうして、見た目にも美しく肌当たりもなめらかな化粧筆が出来上がり、わたしたちの暮らしをより豊かに彩る。

「山出し」の工程。「コマ」と呼ばれる木筒に入れ、毛先を整える。

CRAFTS

01. MISUMI 4 Brushes & Brush wrap

コンパクトなサイズ感の「MISUMI(ミスミ)」シリーズ。天然木でつくられたハンドルは、シリーズ名のMISUMI(三角)が表すようにトライアングルフォルムを採用。持ち運びにも便利なので、旅先や外出先での使用もオススメ。化粧筆の穂先をやさしく包むブラシカバー付き。¥20,000

02. SUVÉ Face cleansing brush

素肌にやさしく、穂先にこだわり抜いたブラッシング・スキンケア「SUVÉ」。「フェイスクレンジングブラシ」は、最高級の山羊毛「粗光峰」を採用。細く繊細で、心地のいい肌あたりときめ細やかな泡立ちがポイント。持ち手が一部平らになっており自立するフォルムも優秀。¥ 6,500

03. SUVÉ Cleansing Brush Set

「SUVÉ」シリーズで人気の「フェイスクレンジングブラシ」「ノーズブラシ」がセットに。小鼻洗顔専用のノーズブラシは、極細の松リスの毛を使用。筆職人が1本1本丁寧につくりあげている。黒ずみや皮脂が落ちるさっぱりとした洗い上がり。専用トレイとソープディッシュ付き。¥16,500

04. SUVÉ Body brush(short , short hard , short semi-hard)

手のひらにおさまるコンパクトサイズのボディブラシ。なめらかな肌当たりが気持ちのいい「short」は山羊毛を、ドライブラッシング用の「short hard」は豚毛と山羊毛を、しっかりした洗い上がりの「short semi-hard」はバジャー毛を使用。用途によって好みの硬さを選んで。各¥10,000

05. UBU 8 Brushes

なめらかな穂先のメイクアップブラッシュ「UBU」シリーズ。金具を一切使わず、筆づくりの原点に回帰。持ち手にはウォールナットを使用。環境にやさしいものづくりを行う。上から803 ¥10,000、804 ¥12,000、828 ¥6,000、824 ¥4,000、802 ¥16,000、822 ¥7,000、820 ¥7,000、801 ¥10,000

画像提供:有限会社瑞穂

Photography YUYA SHIMAHARA
Edit & Text YURIKO HORIE

こちらの情報は『CYAN ISSUE 025』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES