next prev cart fb in line link open tw yt

EYE MAKEUP

凛とした目元美人を目指して

口元を隠すことが多くなり、注目度の高まるアイメイク。何かを伝えたり、コミュニュケーションをとる上でも、自信のある目元は大切だ。そんないまだからこそ、基本をしっかり見直して。失敗しづらいベーシックアイテム、ヨレにくさ、アレンジのしやすさをマスターしたら、自然と自信も漲るはず。

a. 色素沈着しにくい炭インク処方。b. 印象的なラインを自在に描くことができる。c. 毛髪を構成する2種類のメラニン色素に着目して配置されたニュアンスカラーが眉毛の色を自在にコントロール。 d. コブラ型のユニークなヘッドブラシがまつげの根元から毛先までスムーズにボリュームアップ。e. 天然100%のオーガニック処方で、繊細な目周りでも安心。f. ひと塗りでまつげに豊かなボリュームと長さをプラスし華やかな目元に。g. 無数の仕上がりを可能にするパレット。美容のプロ達も溺愛するベストセラー。h. 植物由来のオイルとミネラルでできたペンシルタイプ。i. シャドウの発色を長時間持たせ、1日中キープするベース。

CHEEK

顔立ちさえも変幻自在

色味やのせ方を変えるだけで、少女のようにも色っぽい大人の女性にも、印象を変えることができるチーク。クールに、甘めに、はたまたクラシックに。その日のなりたい雰囲気に合わせて色味を使い分けて。肌馴染みがよくさりげないのが今っぽい。

Brown / Handsom

Pink / Sweet

Orange / Classic

LIP COLOR

唇と心にエネルギーを

女の子にとってリップは、気持ちまでも上向きに変えてくれる魔法のアイテム。秋は特に色調が豊富なのも嬉しい。鮮やかなレッドから、スタイリッシュなオレンジ、ボルドーやブラウンの熟れ色、あどけないピンクベージュ…。リップの魅惑は計り知れない。

a. 上質な光沢。アイコニックなオレンジレッド。b. もとの唇の色を透かしながらナチュラルに発色。エレガントなコーラルヌード。c. ツバキオイル配合でみずみずしい仕上がり。気分が上がるオレンジ。d. ふんわりマットの新感覚リップカラー。自然な美しさを際立たせてくれる青みベージュピンク。e. とろけるような極上のタッチ。誰もが憧れる正統派レッドでドレスアップ。 f. 大人の唇にエレガントな華やぎを与えてくれるリップ。どんなメイクにもなじむベージュと流行のブラウンの中間カラーで抜け感ある印象に。

Edit & Text YUKA ENOMOTO
Text SHIHO TOKIZAWA
Web Edit NENE MATSUMOTO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 026』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES