next prev cart fb in line link open tw yt

Men's Style

クラシックなジャケットスタイルを、都会的な佇まいに昇華

jacket ¥68,000 , slacks ¥32,000 / AURALEE(AURALEE) shirt ¥33,000 , tie ¥12,000 / LITTLEBIG(LITTLEBIG)

MAKE UP

カチッとした印象が強いジャケットスタイルも、遊びを効かせたヘアメイクをプラスするだけで、よりラフな気分でカジュアルに楽しむことができる。「男性は肌のコンディションが乱れがちなので、しっかりと保湿ケアすることが大切です。まず1. のモイスチャライザーを顔全体にオン。次に2. のファンデーションをワンプッシュ手に取り、頬・鼻・おでこ・顎に点置きし、外側に向かってなじませていきます。ベースは軽めに仕上げたいので、薄く色付けるイメージで(メイクアップアーティスト 鈴木麻里子さん)」ヘアはストレートアイロンで毛先を伸ばしたあとトップに逆毛を立て、仕上げにサイドをキュッと引き締めれば完成。バランスを見ながら整えて。

USED ITEMS

1 , 2 PHOTO:©CHANEL

EYE

3. のカラーマスカラを眉毛全体にブラシでしっかりとオン。毛の流れに逆らうように塗布すると、より鮮明な色付けが可能に。眉の主張を抑えつつトーンアップさせることで、表情まで明るく変化することに驚くはず。地毛の濃さに合わせて色をセレクトすると、全体の印象がぐっとあか抜ける。

LIP

4. のマルチユースカラーをリップカラーとして使用。そのまま唇に当て、グリグリと直塗りでOK。余計なツヤやテカリがなく、男性の顔にもなじみやすいテクスチャーがうれしい。ベージュ系のカラーをチョイスし、唇の赤みを抑える効果を狙うと同時に、表情全体のトーンを同調させると統一感が格段に上がる。

NAIL

5. のポリッシュ2度塗りで、しっかりとカラーリング。深みを感じさせるスモーキーアクアカラーなら、全ての指に塗っても邪魔にならず、シックなジャケットスタイルにもマッチ。ポリッシュを塗る際は、爪の先をヤスリで整え、表面にベースコートを仕込んでおくと仕上がりが美しく、色持ちも長く続く。

Recommend Items

1. 肌そのものの美しさを引き立ててくれる機能的なファンデーション。溶け込むような軽やかなテクスチャーで、みずみずしく透明感のある肌印象へ導いてくれる。標準的なオークル。2. ナチュラルなツヤを仕込めるクッションファンデーション。高いカバー力とナチュラルな印象の両方を叶える。明るめのゴールドベースカラー。3. ムラなく均一に発色し、まばらな箇所に適度なボリューム感を与えるファイバー入りのアイブロウジェル。日本人の顔になじみやすいディープブルネットカラー。4. まつげの表現力を躍動させえるカラーマスカラ。螺旋状のブラシがまつげ1本1本を丁寧にコーティングし美しく発色。コッパーパールが目元を鮮やかに彩るブリックオレンジ。

Photographer YUYA SHIMAHARA
Hair KENJI IDE
Make up MARIKO SUZUKI
Styling NOBUYUKI IDA
Model KOSUKE SUZUKI(LesPros)
Edit SATORU SUZUKI
Text SHIHO TOKIZAWA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 027』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES