next prev cart fb in line link open tw yt

Basic Knitwear

ベーシックなニットこそ語りたくなるこだわりを

ベーシックなデザインのニットは、長く使うことを見据えてこだわりの詰まった逸品を選びたい。たとえば、素材や編み方、オリジナルの製法や生産背景。シンプルな中に光る独自のこだわりに着目したら、愛用ニットに出会えるかも。

(上段左から)knit ¥42,000 / F/CE.®(ROOT)、knit cardigan ¥62,000 / kolor、knit ¥33,000 / YASHIKI(alpha PR)(下段左から)knit ¥34,000 / iliann loeb(HICALU)、knit ¥40,000 / CINOH(MOULD)、knit ¥78,000 / YAECA WRITE(YAECA)

F/CE.®

廃棄されるはずの生地を繊維の状態に戻し、再び異なる糸へと紡績し直したリサイクル糸と、モヘア×ウールのイタリア糸を撚りあわせた、手編みのニット。

kolor

光沢のあるナイロンに少しだけ黒糸を混ぜ込んだ、金属っぽい輝きが魅力的。ファー部分がナイロンなことで、ボリューミーでも軽い仕上がり。

YASHIKI

編み模様が個性的なニットは、雪がこんもり降り積もった冬の木をイメージ。身頃の中央と脇の部分で木々を、身頃中央横の三角柄や袖の粒で雪を表現。

iliann loeb

美しい色目とクオリティに定評のあるイタリア糸を輸入し、上質なニットの産地である山形の工場で丁寧に編み立て。糸自体が綿のような柔らかな風合い。

CINOH

オーストラリアのジーロン地方でのみ繁殖されている、純血種の生後6ヶ月の羊毛をくし取った希少性の高い素材。右半身頃は、反転させて着ることができる。

YAECA WRITE

ガンジー島の漁師のために編まれていた、伝統的なニットがデザインソース。染色などは一切せず、羊の毛そのものを活かしたナチュラルなカラー。

Design Knitwear

多彩な遊び心が鍵。デザイン性で選ぶ主役ニット

今年らしくニットを着こなすなら、1点投入で差がつく主役級アイテムを。中に仕込んだり上から重ねたり、あてがうアイテムも既成概念にとらわれず自由にセレクトして。ニットのマンネリコーデも一気にあか抜けるはず。

INSCRIRE

knit vest ¥49,000 / INSCRIRE(AMAN)

ワンピースとしても着用できるアランニットベスト。ハニカム柄やダイヤモンド、ケーブルなど、さまざまな伝統的編み地をパッチワークで表現。

FUMIE TANAKA

poncho ¥59,000 / FUMIE TANAKA(DO-LE)

アウターの内外どちらでも着こなせるポンチョ。鮮やかなフューシャピンクとシルク混の糸が、カジュアルにちょうどいい品を漂わせてくれる。

STUDIO NICHOLSON

knit ¥47,000 / STUDIO NICHOLSON(CHI-RHO)

取り入れるだけで気持ちが上向きになる綺麗なからし色。両脇のスリットからはシャツやカラーインナーをチラ見せさせて、今っぽく。

AURALEE / MACPHEE / JANE SMITH

(上から)knit vest ¥18,000 / AURALEE、knit ¥16,000 / MACPHEE(TOMORROWLAND)、arm warmer ¥15,000 / JANE SMITH(UTS PR)

コーディネートに+1したい小物たち。

Photography KENICHI SUGIMORI
Styling NATSUKI TAKANO
Edit YUKA ENOMOTO
Text NENE MATSUMOTO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 027』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES