next prev cart fb in line link open tw yt

Men's Style

大胆なヘアカラーをファッション感覚で纏い、ロックにキメる

military vest ¥59,000 , pants ¥49,000 / th(MATT.) shirt ¥32,000 / KEISUKEYOSHIDA(KEISUKEYOSHIDA)

MAKE UP

パーティーやナイトシーンなどの華やかな場面にマッチする、エッジーでスタイリッシュなルック。70'sのグラムロックな雰囲気漂う、煌びやかでゴージャスな佇まいが魅力的。どこかフェミニンでありながら、力強さも兼ね備えた絶妙なバランスがキモ。デヴィッド・ボウイのようなジェンダーレスな艶感を上手に取り入れながら、新たな表情を楽しみたい。「ベースは1. のコンシーラーのみ。クマやくすみが気になる部分をポイントでカバーする程度でOKです。ポイントは、2. で入れたシェーディング。ブラシにパウダーをとり、こめかみから頬骨の下に向かって払うことで、表情にメリハリがでます。(メイクアップアーティスト鈴木麻里子さん)」

USED ITEMS

HAIR

目の細かいテールコームに6. のカラーワックスを適量塗布し、髪を撫でるイメージで面を整えながらカラーリングしていく。一度髪の毛を濡らしてから行うとスムーズ。ハチの部分に角を作れば、男らしさを際立たせることができる。カラーはブルーをチョイスして、クールにまとめるのが気分。

EYE

3. のアイブロウパレット、右側のカラーをブラシにとり、眉毛の欠けているところを埋めるイメージで色をのせる。濃くしすぎると不自然になるので要注意。まぶたには4. のパレット上段、真ん中のカラーを目頭から黒目の上くらいの範囲に指で広げる。少し乱雑に塗るくらいの気分でラフに仕上げるとGOOD。

NAIL

敢えて雑に仕上げることで抜け感を出した、プレイフルな指先。5. のネイルカラーを使用。筆に取ったカラー液をボトルの口元で極限まで削ぎ落とし、スカスカにした状態でランダムにオン。アート作品を生み出すイメージで、思うままに筆を走らせることで、躍動感溢れるおしゃれなムードを醸し出すことができる。

Recommend Items

1. 陰影をつけ奥行き感を高めることで、印象的な目元を実現するアイシャドウ。まぶたにサッとなじませるだけで、意思を感じさせる強い目元を演出。肌なじみが良く使いやすいブラウン。2. テクニックレスで簡単にイメージ通りの目元が実現するアイシャドウパレット。夕暮れの空からインスパイアされたカラーリングがクールアイを演出。3. ジェルとワックスの中間テクスチャーのポマードと繊細なパウダーがナチュラルな眉を叶えるアイシャドウパレット。思い通りのシェイプと理想の眉色が簡単に実現する。4. 素早く乾き、つけたての発色が長時間持続するネイルポリッシュ。品の良いマットネイビーなら、冬のトラッドファッションにもなじみやすく、あらゆるシーンで嫌味なくつけこなすことができる。

Photographer YUYA SHIMAHARA
Hair KENJI IDE
Make up MARIKO SUZUKI
Styling NOBUYUKI IDA
Model KOSUKE SUZUKI(LesPros)
Edit SATORU SUZUKI
Text SHIHO TOKIZAWA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 027』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES