next prev cart fb in line link open tw yt

Make Up

イエローが秋めいた印象にならないよう、肌やリップにはみずみずしさを。さらに眉マスカラでアイブロウをトーンアップして軽やかさをアップ。

Use Item

アイカラーは、シアー感と発色のバランスが良いものが今季の気分。目元の引き締めは、テラコッタ色の眉マスカラで。肌作りの仕上げには、潤いのあるツヤを狙った部分に置けるイプサのスティックを。ネイルとリップも、目元とシンクロする暖色を、クリアな潤いツヤでこなすとフレッシュな春らしさが。

EYE

1の右下のイエローをアイホール、左下のオレンジを下まぶたキワの目頭から目じりまでに細くぼかす。眉を5のアイブロウマスカラでトーンアップすると目元全体にライトな明るさが。

Other Item

(左から)1.くすまずソフトに色づく蜜柑のようなオレンジ。2.鮮やかな黄色を楽しんだり、スキンベージュを混ぜて目元のベースにも。

SKIN

肌は、できるだけ素肌ライクに。ベースメイクの仕上げにみずみずしいツヤ感を与える4のスティックを頬骨の高い部分、鼻すじ、唇の山の部分などにのせてさりげないメリハリを。

Other Item

パール感では不可能なグロッシーなツヤを、ベタつくことなく簡単にプラス。

LIP & NAIL

目元はあえて強い要素を抜いているので、口元は3のネオンカラーのリップグロスを唇の中央に厚みを出すようにのせてアクセントに。指先は、目元と合わせて2のイエローを。

Other Item

(左から)1.レフ板効果でどの角度からもふっくらとした唇を印象づけるジューシィな色ツヤ。2.甘くてジューシィなマンゴーのようなイエロー。

Photography YUYA SHIMAHARA / model KENICHI SUGUMORI / still
Hair RITSU(Perle)
Make up MARIKO SUZUKI
Styling SAEKO SUGAI
Model LUKA(etrenne)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 020』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES