next prev cart fb in line link open tw yt

Make Up

「アイブロウもマスカラもナシ。素肌感を強調することでアイカラー&リップにおしゃれな抜感が」(ヘアメイク岡田知子さん)

Use Item

ベースは、ほどよいツヤ感のUVベースで整えてからピンクベージュのチークでヘルシーな素肌っぽさを。同じパープル系でも、アイカラーはピンクみのライラックで甘め、ネイルはラベンダー的パープルでクールめに。リップは深み色をチョイスしてレディ感を。

EYE

4のアイシャドウを指に取り、上まぶたのキワにふんわりぼかす。アイラインやマスカラはあえて使わず、眉も欠けが目立つ部分のみペンシルかリキッドで埋める程度に。

CHEEK & SKIN

5のチークを、まずはスティックのままで頬の中央(黒目の下あたり)に色をのせる。指のはらを使って、縦方向に広めにぼかす(フェイスラインのほうに広げすぎない)。

Other Item

1. 薄膜で肌にフィット。毛穴などの凸凹を光で補正し、透明感を演出。 2. オイル仕立てという新発想。1. のファンデに混ぜることで素肌のような生命感を演出。

LIP & NAIL

2のリップで、先端部分に含ませたリキッドを眉の中央から染め付けていくように外側へ塗り広げる。ネイルは目元と色みの近い3のパープルでショートネイルに2度塗り。

Other Item

1. 深みがありながら沈まない美しい赤み。 2. 奥からパールの光が揺れるシアーマットなラベンダー。 3. ほのかなピンクみのクリーミィラベンダー。

Photography YUYA SHIMAHARA / model KENICHI SUGUMORI / still
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling NATSUKI TAKANO
Model ERIKA MORI(Kirin pro)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 020』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES