next prev cart fb in line link open tw yt

天然由来 × 洗練モードを極めるセルヴォーク。2019の春色は、これまでのメイク概念を覆すかのように、一見するとちょっぴり難しそうなイエローやテラコッタ系も計算し尽くされた質感で軽やかにこなせる。

L to R : するすると伸びて、さらりと密着、肌への負担がかかりやすいチークも、天然由来成分90%以上でしっかり保護。狙い目は、上気感のあるセクシーな頰色な演出したり、シェーディングとしても使えそうなブラウン。天然由来成分94%以上のやさしさで、最注目なイエローの色ツヤを唇にプラス。パウダータイプもクリープタイプも、透け感となじみの良さが使いやすいアイカラー。

Photography KENICHI SUGIMORI/still
Make up MARIKO SUZUKI
Styling SAEKO SUGAI
Edit SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 020』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES