ALICE SAITO
斉藤アリス


ロンドン生まれ、日本とオーストリアのハーフ。明治大学農学部卒業。大学時代からモデル活動を始め、40誌以上の雑誌や様々な広告に出演。ロンドンの美術大学院でジャーナリズムを専攻する傍ら、このカフェブログを執筆。オシャレなのに、きちんと美味しい、ガイドブックでは見つからない、地元の人たちから愛されるカフェを求める奮闘記。



このブログのトップページへ




Duck & Waffle 投稿日 2015年4月20日


duck1

多国籍企業のオフィスが集まるビジネス街’City of London’。
‘Liverpool Street’駅前にそびえる’The Heron Tower’の40階という最高の空間を楽しめるカフェ’Duck & Waffle’。

年中無休、24時間営業というから、さらに驚き!
ちょっとした天気の乱れでもすぐに電車の止まってしまうロンドンで、24時間のお店はとても貴重かつ希少。

duck20

エレベーターで40階へ。
アヒルの赤いシーリングマークの扉をくぐり。。

duck19

もう一つ同じ扉をくぐると。。。

duck18

開放感あふれる広々としたBARスペースに。
この時点でもかなり素敵ですが、さらに奥へ進むと。。

duck14duck16

黄色い瓦の天井にガラス張りのモダンなCAFEスペース。
お客さんはやっぱりスーツ姿のビジネスマンが多く、ビジネスミーティング中の方もちらほら。

duck9

週末だったので、ランチデートのカップルも♡

duck8

テムズ川を見下ろしながらのランチ。あのガーキンタワーもこんなに近くに!!

この景色はかなーり贅沢☆

duck5

赤を基調としたビビットなオープンキッチンも素敵!

duck17

個室のDINNIGスペース。素敵すぎてうっとり♡

これだけの空間がいつなんどき来ても開いているなんて、夢のよう♡♡

duck11duck12

厨房の釜で焼いた自家製パン。

rosemary & garlic £6
ほくほくのニンニクが丸ごどゴロゴロと。上には香草のローズマリーがたっぷり。

caramelised onion £6
甘く煮詰めた玉ねぎに、アンチョビとケッパー。甘みと塩気と酸味、3つの味の組み合わせが◎

duck15

smoked mozzarella £10

ルッコラ、スモークモッツァレラ、セージの葉、グラノーラ、南イタリアのアマルフィー産レモン

クルミやアーモンドなど、色んな種類のナッツをカラメリゼしたグラノーラは甘くて香ばしく、とろりとしたスモークモッツァレラとの相性も抜群!

スモークモッツァレラというのが珍しいので、スモーク方法を詳しく聞こうとしたら、企業秘密だった。笑

duck13

bacon wrapped dates   £9

ベーコンでチョリソーとナツメヤシのドライフルーツを巻いたもの。
干し柿のようなねっとりとした濃い甘さが特徴のナツメヤシと、ピリッと辛いチョリソーのコンビ。ビールのつまみにもってこい◎

duckwaffle
duck & waffle  £17

お店の名前にもなっている看板メニュー。
アメリカの定番朝ごはん「チキン&ワッフル」を鴨のコンフィに置き換えた一皿。
皮はカリっとジューシーな鴨肉に、半熟卵と焼きたてワッフル。お好みでマスタードシード入りのメープルシロップをプラス。ボリューミーな割にはくどくなく、ペロっといけちゃいました♡

‘Duck & Waffle’
Heron Tower
110 Bishopgate, London EC2N 4AY
+44 203 640 7310
年中無休、24時間営業
24 hours a day, 7 days a week.

(※週末の食事時であれば、予約した方が無難)

duck4

たっぷりとー♡



カテゴリ : London
タグ :

コメントを送る




コメントを残す