カテゴリー別アーカイブ: Woman and Man


Happy Valentine’s day!
投稿日 2015年2月14日


なんと、忘れておりましたがバレンタインじゃないですか?
日本では女子が男子にチョコを渡して告白する日だと思いますが、
(私が学生の頃はそうでしたが、今も同じですか?)
こちらロンドンでは、愛する二人が楽しむ日♡

しかし私たち夫婦にとってはFree Shaker Aamerの日であります。
IMG_5602
昨年1月のデモの写真。わての誕生日でした。

すみません、ロンドンネタで申し訳ないですが、
ParliamentからNo.10までを明日2月14日の12時からマーチしますので、
あんたたち家族、普段デモやらマーチやら行ってるけどどんなことしてるん?
という物好きな方、是非見に来てみて下さい。大勢いる事が大事でもありますので。
詳しくはWorlds end shopのHPでご確認下さい。

真面目なことばかりではありません。
3年前のバレンタインデー、私は一人アフリカのボツワナにおりました。
ホテルで仲良くなったジャーナリストの女子と飲んだくれ、飲んだくれ、飲んだくれ。
IMG_2031IMG_2029
ボツワナ人にとっては珍しい日本人だったもので、日本のバレンタインデーについて聞かれ、勝手に日本代表として答え、翌日新聞に掲載されました。

バレンタインっつーことで、男女の恋愛について今日も書いてみようかと。
女子主体で書きますので、男子の皆様悪しからず。

恋愛が始まる前に、女子は贈り物や甘い言葉を男子から受け取り、
その甘い物尽くしの攻撃にその気になり、コテッと落ちて恋人関係が成立。
のパターンが多いのではないかと思います。

落ちた女子の後日談としてよく耳にするのは、大体この言葉。
「昔はプレゼントくれてたのに〜。」「あんなに優しい言葉かけてくれてたのに〜。」

まず、女子の皆さん、甘い船に乗っちゃいけませんぜ。
船が甘過ぎて溶けて溺れるだけでも痛手だけど、その甘い船は偽物の可能性もありますからね。

実直な父から育てられたせいか、私は甘い言葉には裏があると考えます。
ビジネスも同じことで、自分のことではなく、バックグラウンドをあれこれ話して来る人は
結局自分の力では商談相手を落とせない、だから御託を並べてくる。
すなわち恋愛のプレゼント攻撃と同じですね。

一緒に長くやっていこうというのに、甘い言葉が毎日必要でしょうか。
現実を見よ!まずは甘ちゃんなしでもその人のことが好きなのか。
共に生活していくと甘いことばかりなわけがなく、お腹痛くなってトイレに行ったり、
そんな現実も待ってるんだからね。
なので素の自分でいれる、等身大の自分でいれる、そんな相手がやはり一番です。
加えて、男女ある程度の平等を求めつつの、長く続くパートナーがほしければ、
今の自分と同レベルの相手と一緒であるのが秘訣だと思います。
このレベル云々についてはまた次回のおたのしみ。

あー、青空が恋しい。写真は南アフリカの喜望峰より。
女子の皆さん希望を持って、ハッピーバレンタインズデー♡
IMG_2064



カテゴリ : Travel Woman and Man
タグ :

コメントを送る




Sexiness
投稿日 2015年2月6日


先日日本大使館前で、「あの、ブログ見てます!」と言って下さった方、
どうもありがとうございました。
こっちのブログ?あっちのブログ?どっちの?とお伺いするのを
忘れておりましたが、励みになります。
また、いつかオフ会してみたいと夢見ております。

色気と色目。
今回はこのネタでございます。

色気たる物は、その人の生い立ちから今まで、人生が全て表れるもので、
偏に色気と言っても、品良い色気、上っ面の色気、がさつな色気、その種類は様々です。

IMG_4883
レトミヤ&ジョー。この二人は色気の極みです。

英国に住んでから特に感じることが、色気に年齢は関係ないということです。
義理の母を筆頭に、70代で色気のある方達によく出会います。その人達の多くは、
年齢関係なく友達付き合をし、そこにも色気維持の理由があると思われます。
大人になってからの友達って、わざわざ年が近くである必要がないのです。

IMG_4781
色気カップル70代編ジェブ&マイク。ジェブの香りとマイクの遊び心は素晴らしい。

しかしたまに、色気と色目を勘違いしている人に遭遇することがあります。
特にカップルを相手に、この二つを間違えてしまうのは御法度なのです。

二人の間に、色目を振りまいて行く人達。
女性でそれをしちゃう人もいれば、男性でしちゃう人もいるようで、
こういう人達とは仕事のみならず、人間関係も良好な物を築けないと思います。

色気と色目は違います。大雑把に分析すると、
色目を使う人は心遣いのない人、気配りができない人。
色気があって色目を使わない人は賢い人。

IMG_4825IMG_4826
シチュエーションも良かったからか、色気のある馬。ウェールズ最高!

では、色気とはどうやって出るのか。

極論は私生活そのものが個々の色気として表れているわけで、
生活そのものを見直さないといけないのではないかと思います。
加えてエロさというものはエッセンスとなりますのでこれも重要。

仕事をばっちりこなすのはもちろん格好いいけど、遊びの部分での
エロさというのはあった方がいい。エロさばかりではダメだから、
仕事とのバランスは大事。

寒さにかまけてエロさのエの字もない私の装い。
ダウンコート+ダウンジャケット。この冬はこの装いで乗り切ります!
写真
え?御託を並べておきながら、色気ある格好じゃないって??



カテゴリ : Woman and Man
タグ :

コメントを送る




Wedding dress exhibition in V&A
投稿日 2014年6月30日


最近やっとV&Aのメンバーになりましたので、
早速ウェディングドレス展に行って参りました。

ロンドンの美術館や博物館は、ほぼどこも入館無料ですが、
特別展示だけはお金を払わなければなりません。
それがメンバーになると年間費だけで後は自由に出入りできる
という素敵なシステムがあるのです。

まず目を見張ったのは、義母ヴィヴィアンが、ディタ・フォン・ティーズに
デザインしたドレス。
艶やかなこの色は、色白の彼女にさぞかし似合ったでことしょう!
写真 1

そしてケイト・モスが数年前に着たガリアーノデザインのあのドレス。
雑誌で見た見た!あのとーってもキレイなドレスね!とテンション上がりました。
写真 2

2フロアに渡って美しく展示されたウェディングドレス展。
1500年代から現代に至るまで、ヨーロッパだけでなく
アジアやアフリカと、様々なドレスを見る事ができました。

こちら個人的に好きだったインドのウェディングドレス。
写真 3

私はウェディングドレスを着用しませんでしたが、
キレイなドレスを見るだけで幸せな気持ちになるもんですね。

ドレスに心を持って行かれた後は、V&Aの中庭でしばし歓談です。
写真 5

写真 4

結婚っていいもんだね〜って友達と話しながら、最終的には
日本人の結婚カップルによく起きるらしい浮気話になりました。
パートナーに満たされない物を他で補うんでしょうね。
結婚する前にちゃんと愛し合ってお互いのこと知って結婚する
人達が一体どれだけいるのでしょうか?結婚に適齢期なんてないです。
大好きな人に出会えたらラッキー。そして相手が自分のこと大好きに
なってくれたらそれがハッピーへと変わるわけです。

私の周りには夫婦円満家庭が多く、どちらもお互いのこと
尊敬して思いやって愛し合ってる感じなんですよね。
どれだけ一緒に居ても、その思いはお互いが欠かす事なく
維持し続けねばならないと思っています。

ところで、V&Aの会報誌。
写真 1
表紙に掲載されてる本のうち3冊は我が家にあるものでした。
ジョージ・オーウェルの「1984」はマストです!

読みどころ満載で感動しました!!
内容は「ポリティクスをアートでどう表現するか」など。
さすが英国らしい視点です。



カテゴリ : Life in UK Woman and Man
タグ :

コメントを送る




Ikemen
投稿日 2014年6月9日


夫と結婚して良かったなと思う事の一つが、
トップレベルのイケメンと友達になれる事です。
聡明で賢く、教養深く、アーティスティックな
イケメンがいつも周りにはたくさんいて、
その誰もがとーっても性格が良いのです。
目の保養に学びの多さ、イケメンの皆様いつもありがとう!

ロンドンで過ごす土日のどちらかは、必ず近くの
レバニーズレストランで朝食をとるのですが、

IMG_7026
(スクエアで食べれるこの場所はお気に入りです。)

そこで久々に会ったファッションデザイナーのイケメン。
「週末何してるの?」の質問に、
「とにかく忙しいよ〜。デートだよ。
iPhoneのカレンダーに一つずつ書いてみたら、
名前が全部違うんだもん。」と苦笑い。

「その中でお気に入りはいるの?」と聞いたら
「特別なお気に入りはいないよ」だって。

日本人の恋愛関係って、今はどんなものなのか分かりませんが、
もし日本人女子でヨーロッパ人男性と肉体関係を持ったならば、
すぐに私たち付き合ってるのかしら?なんて妄想に走ってはいけませんよ。

私遊ばれてるの?とか、彼って真剣に捉えてないのよ、とか
そんなことではないからです。

その時一緒に居る子との時間を、イケメンだって十分大切にしています。
その時間は真剣に向き合っていて、決して遊んでなんていないのです。
女子の皆さんも的を絞らず数人のイケメンとデートしたらいいと思います。

それではどうしたら次のステップに行けるかですが、それはずばり
タイミングと相性でしょう。
ありきたりな言葉ですが、恋愛関係ってそれが先へ繋がる要でしょ。

人の性格ってそれぞれ違うから、いくら自分が好きでも相手は好きになって
くれなかったり、またその逆も然りだし。恋愛が億劫とは思わないうちに
たくさん恋愛することをオススメしますよ。いつかピタッと相性が合う人に
タイミングよく出会えますから。

イケメンの忙しいホリデーやデートのスケジュールを聞いた私たちですが、
そりゃあの顔で185cmで、チャーミングで、真っ直ぐな性格であれば
モテて当然だと思うわけです。それを素直に話してくれるとこが、
私たち夫婦からすれば、またなおかわいいイケメンって思えるわけで。
モテる男は選択肢も広い。当たり前のことですね。

愛犬ジャッキーの恋人。ジャッキーはこの馬一筋です。
IMG_7024



カテゴリ : Woman and Man
タグ :

コメントを送る




Relationships
投稿日 2014年5月16日


お世話になる生地屋のフィリップ(推定70歳)が、最近ツヤツヤしてきた。
話してみると、「25年連れ添った彼女と、銀婚式を迎え、今度結婚するんだ!」と。
つまりパートナーシップ(事実婚)で今までいた彼女と、結婚することにしたのだ。

1536723_629431203806552_5374204178114054016_n

イギリスやヨーロッパでは、事実婚状態のカップルはたくさんいます。
特にヨーロッパ人同士の付き合いなら、こちらの方が多いのではないかというくらいです。

かく言う私は結婚し、婚姻ビザを保持し、それでロンドンに住めるわけですが、
カップルも2年以上一緒に住めば、パートナーシップのビザを申請できます。

日本の文化では「結婚」は大事なものだと思いますが、ヨーロッパ人は
そう深く考えない人も多いようです。(カソリックが根強い国では全く反対の話になります。)

ヨーロッパに住んでいて、ヨーロッパ人の彼氏がいる日本人女子が、
「私は結婚したいのに、彼はこのままでいたいって」と悩むのをたまに聞きますが、
人生設計が違う人とは一緒に居られないから別れるのか。それなら二人の愛はどうなるのか。
「結婚」にこだわらない方がいいのではないかと言うのがそれに対する私の意見です。

結婚して出産したいという人もいるようですが、結婚したからと言って、
出産に行き着くかなんて本人すら分からず、出産したいがために結婚するのでは
これまた二人の愛はどうなるの?って思うわけです。

結婚も、出産も、それぞれ切り離して考えた方が良くて、愛し合う二人が結婚を
どう捉えるかによって、するかしないかを選択すべきではないでしょうか。

大切なのは二人が愛し合ってるかであって、愛し合う過程で、25年経って
フィリップたちみたいに結婚することがあるかもしれないし。

フィリップに「何で急に結婚する気になったの?」と尋ねると
「良い質問だ!でもね、分かんない。それは謎なんだけど、急にそんな気になったんだ」と。

友達夫妻とレストランで食事をしてたら、急に思い立ってプロポーズしたそうな。
「それで、彼女幸せなの?」と尋ねると「当たり前じゃないか!」と怒られた。

1601189_630781107004895_8383928760662060257_n
生地屋で生地を選ぶ私たちは、結婚によって意識がもっと深くなったり、
お互いの家族を密に感じられたりしております。それを幸せと思う人と
違う形の幸せを感じる人。人それぞれでいいと思う。

フィリップは今度の日曜日、ケンジントンの友達の家で伝統的なユダヤ教の式を挙げるそう。
日曜日、グラス持って突然お邪魔しようかな。



カテゴリ : Woman and Man
タグ :

コメントを送る