next prev cart fb in line link open tw yt

MOEKA NOZAKI with N.

ワガママかな? 可愛いも、カッコいいも、どっちも手に入れたいの

Jacket ¥42,000 , Shirt ¥28,000 / Enlee.

「今日はどんな気分?」毎朝鏡を眺めては、どんな自分になろうかとワクワクするの。昨日と今日、今日と明日。揺れ動く気分の中で、可愛い自分も、カッコいい自分も、ちょっぴり背伸びした自分だって、なんだって魅力的に演じることができそうな気がしてる。そう、ヘアとメイクで変わる楽しみをみつけたときから、イヤぁな浮き沈む気分でさえも、楽しめそうな気がするの。「今日の雰囲気いつもと違くない?」へへへ、その言葉を待ってたよ。

Style 01

品良くナチュラルなニュアンスヘア

自然なくらいの質感とクリーンさが心地いい

コテを使い毛先をストレート気味の外ハネに。強すぎず、流れるようなシルエットにすることで、スタイリング剤をつけるときのツヤや抜け感が表現しやすくなる。パール一粒大ほどのバームを手に伸ばしたら、髪を一つにまとめてから毛先になじませて。そのまま質感が続くように中間の方までくしゃっと揉み込んだら、手に残ったバームを前髪につけて細い毛束を作り、さりげなく目が見え隠れする程度の動きを出す。根元を外して中間から毛先をメインにつけることが清潔感を保つコツ。伸びがよく自然なツヤを出せるバームなので、スタイリング剤は髪全体でこの量だけで OK。メイクは目元をゴールドブラウン、唇はベージュブラウンでヌーディー&上品に。

USED ITEM

N. ナチュラルバーム 45g ¥2,000(ナプラ)

Style 02

マニッシュ × クールなタイトヘア

ウェットに仕上げたオールバックでカッコよく

バームをパール一粒大、オイルは 500円玉くらいと少し多めの量を手のひらで混ぜる。髪を上、真ん中、下と三分割にしたら、髪に手のひらをなでつけるように下からつけていく。髪全体にまんべんなくスタイリング剤をなじませたら、前髪を後ろにかきあげてそこにもたっぷりつける。根元からあえてたっぷりウェットにすることが、スタイリッシュに仕上げるポイント。女性らしさを演出するため、生え際から細い毛束を取り、首元の髪はキュッと締まるようなシルエットに仕上げて。メイクはコンサバにならないよう質感で遊ぶのが◎。目元は髪型に合わせてウェットな質感になるものを、リップはボルドー系で輪郭をぼかして。チークレスでマニッシュさアップ。

USED ITEMS

L to R:N. ナチュラルバーム 45g ¥2,000、N. ポリッシュオイル 150ml ¥3,400(ともにナプラ)

How do you feel ?

髪が変わると、心おどる。野崎萌香のコトバ。

 自分でヘアアレンジをしたり、質感チェンジすることが好きだから、スタイリングアイテムはいっぱい持っているんです。N.(エヌドット) シリーズも以前から使っていて、私は特にポリッシュオイルがお気に入り。香りが良くて気分が上がるのはもちろん、ベタベタする感じじゃなくて、自然な感じなのにキチンとスタイリングされている印象になるから。毛先を外ハネにしたり、ちょっとモードっぽいスタイリングにしたくなったとき、よくこのオイルでウェットな質感に仕上げています。私はモードっぽい雰囲気も好きなのですが、周りの方からはそういった印象を持たれていないようで、“ いつもと違うけど、なんか今日オシャレでいいね ” って言われることも多いんです。
 今回、ヘアメイクの岡田知子さんが提案してくれた 2パターンのスタイリング。仕上がっていく自分の姿を鏡で見ていると、どちらも気持ちが変化していくことが面白かったな、と。バームだけで仕上げたナチュラルなヘアスタイルのときは、ピュアな気持ち。休日とか、近くの公園に散歩へ行くときにしたいような?何もしていないわけじゃないけれど、作り込んでいないからラフな気持ちでいられました。自然なのにきちんとスタイリングがされているから自信は持てるんですよね。風が入ってふわっとしたり、乾いていく質感を楽しめるのも嬉しい。自分らしいファッションに合わせたくなるスタイリングでした。

 バームとオイルを使って仕上げたカッコいいヘアスタイルのときは、とっても澄んでいるような気持ち。前髪をなくすことでいつもの自分じゃないような、余計なモノを削ぎ落としているような潔さがある感じがして、男前な自分っていう雰囲気がすごく好きでした。ピタッとしたシルエットはすごくスタイリッシュですよね。展示会や、パーティーに出かけるときにもピッタリかな。
 今回の撮影を通して、もっとアレンジを楽しみたいなとも思いまし た。外出している途中で髪を一つ結びにしたり、分け目を変えてみたり。1日の中で、何パターンも楽しんじゃう。その方が、周りの人に色々な自分の雰囲気や表情を見せられるし、自分自身の気分も高まりません? “ 私は今、オシャレを楽しんでいるんだな ” って思ったりして(笑)。そういう変化や気持ちが、自信をつくってくれる気がしますし。やっぱり女の子だし、いつもオシャレで可愛くいたいじゃないですか。特別なときだけじゃなくて、毎日、1日中可愛くいたい。そのためにも、質感やアレンジを変えたりして、ポジティブな気持ちでいつもオシャレな自分でいるためにも、毎日のスタイリングやヘアアレンジを楽しめる人でいたいなって思います。

Photography KYOSUKE AZUMA
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling YUKA SEGAMI
Edit SATORU SUZUKI
Text NATSUMI TAKAHASHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 022』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES