next prev cart fb in line link open tw yt

Red Dress and Red

赤を楽しみ尽くすための、計算づくの赤リップ。リップラインを操作する ほんのひと手間を足すことで、 ヌケ感を保ちつつドラマティックな表情へ。

dress ¥59,000 / SAYAKA DAVIS (showroom SESSION) ring ¥132,000 / MARIHA (showroom SESSION)

MAKE UP

「赤のドレスだから、メイクは引き算?ではなく、赤に、極上の赤を!リップラインを少しオーバーにとり、特別な気分で」(ヘアメイク岡田知子さん)

USED ITEMS

シャネルの夏コレクションのブロンズパウダーは、雰囲気のあるさりげない日焼け頬が簡単実現。リップは、洗練の極みを目指す Amplitude のリップライナーと、主役にふさわしいディオールの代表的レッド。目元はセルヴォークのウォルナットでほんのり甘く。

EYE & CHEEK 目元はヌーディ感を大切に

目元は 5 のバームカラーを上まぶた(アイホール内にぼかす)と下まぶたに引いて色ツヤで囲む。頬は 1 の左側を頬骨の下にのせて、右側を目の下から頬の高い部分に重ねる。

LIP 口元は 1 サイズアップで

4 のリップライナーで上唇のラインをややオーバーにとってグラマラスに整えてから、2 のリップスティックをスティックのまま、丁寧に動かしてみっちりと色づける。

NAIL 指先で清らかさをキープ

赤のワンピースに赤のリップを合わせてメイクをドラマティックに昇華しているので、手元は品よくまとめて。3 の明るめピンクベージュをショートネイルで一度塗り。

OTHERS

1. ノンパールの落ち着きが手元をすっきり見せるピンクベージュ。2. アイクリームの機能も備えたクリームアイカラー。スパイシーでほんのり甘さの漂う色みも人気。3. ブロンザー不要の浅黒肌さんは、頬の高いところに光感をのせるだけで夏の肌感が。4. 重ねるほど、色が沈むことなく濃密な鮮やかさで色づくベーシックな赤。5. 美容液ベースに発光感の高いミネラルをブレンドした人気アイカラーの新色より、使いやすいブロンズゴールド。

Photography YUYA SHIMAHARA / model KENICHI SUGIMORI / still 
Hair & Make up  TOMOKO OKADA (TRON)
Styling SAEKO SUGAI
Model ERIKA MORI (Kirin pro)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 021』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES