next prev cart fb in line link open tw yt

Style 01

ボヘミアンちっくな質感で ヘアの異素材バランスを表現

Salon LOAVE AOYAMA / Hair Stylist SAORI ISSHIKI / Model LINA ARASHI

髪全体はベージュブラウンで統一し、こめかみ、もみあげ、耳後ろにはポイントで明るめのオレンジブラウンを入れたスタイル。ブリーチをしてから色をのせることで、柔らかさを出しつつもエッジの効いたカラーを楽しめる。カットは顔まわりにあえて馴染まない短い毛を仕込んだデザインレイヤーで、揃いすぎていない感じを作るのがコツ。スタイリング剤はオイルを全体になじませて、ドライすぎず、ウェットすぎない自然なツヤ感を。

Used Items

Style 02

上品なのに遊び頃満載な毛束が見せるお洒落カラー

Salon k-two GINZA / Hair Stylist MIDORI TANIGUCHI / Model AYA

カッパーを多めにした深みのあるオレンジを髪全体のベースに染める。インナーには明るめのオレンジを単色で仕込み、ハイライトやローライトは表面と前髪に細くオン。動くたびに束感が隙間から出るように、ライン感を重視してカットする。フェイスラインの毛束はより軽く動かせるよう、根元にワックスをつけて立ち上がらせながら浮かせ、クリームバターを髪全体に手ぐしでなじませる。最後に指先を使い束感を細めに出せば完成。

Used Items

Style 03

辛口テイストに取り入れたい フェミオレンジで女性らしく

Salon ZACC vie / Hair Stylist SATOMI MASUBUCHI / Model KANA CHIDA

暗めのブラウンベースに、こっくりとした単色オレンジをミックス。ブラウンが緩和して女性らしくなるフェミオレンジなら、辛口テイストなショートボブにも合わせやすい。髪全体が重たくなりすぎないよう、顔まわりは肌が見えるスタイリングにするのがポイント。前髪は薄く少し軽めに見せて、サイドの髪は耳にかける。オイルやバームでセミウェットな質感に仕上げて。

Used Item

Photography YUYA SHIMAHARA

Edit & Text SATORU SUZUKI, NATSUMI TAKAHASHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 022』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES