next prev cart fb in line link open tw yt

Sensual pink / Nostalgic Sense

今冬らしくて大人っぽい、ピンク&パープルのこなし方。クラシカルな中にセクシーを潜ませた “奥ゆかしき攻め”。

knit ¥38,000,tops ¥38,000,skirt ¥37,000 / AURALEE ring ¥11,000 / A.P.C.(A.P.C. CUSTOMER SERVICE)socks ¥2,100 / RoToTo(germination)shoes ¥57,000 / BEAUTIFUL SHOES(GALLERY OF AUTHENTIC)

MAKE UP

レトロに傾き過ぎないよう、白粉的マット感は避ける。まぶたやリップに濡れたような色ツヤを配して。

USED ITEMS

1. 潤いあふれる透明感が魅惑的なボルドー。2. 繊細なパールの光感とディープな発色の融合、濡れたような色ツヤで目元のセンシュアル度がアップ。3. 美容クリームをベースにした発光感のあるニュアンスカラー。4. 右のアイシャドウを使用。指づけでも美麗に決まるアイシャドウ&チークパレット。5. 手指の動きをエレガントに見せてくれそうな、ライトグレーを含んだライラック。【PHOTO:©CHANEL】

Eye 雰囲気たっぷりな赤み使い

4の右側の3色、中央をアイホール、下を上まぶたキワ、上を下まぶたにオン。さらに、3のアイバームをアイホールに薄く重ね、下まぶた側のみインサイドに2のボルドーでラインを。

Lip 耽美な赤みのにじみリップ

口元は深み色でやや引き締めて、ピンクを効かせた目元が甘くなり過ぎるのを回避。キメ過ぎない塗り方も重要。1のリップをポンポンと置く容量で、ラフに唇を染めつけるように塗る。

Nail 爪はクラシカル&クールに

ネイルカラーはカシミヤを思わせるようなベージュニュアンスのグレイを選び、官能的なムードのメイクに大人の品をプラス。短く整えた清潔感のある爪に5を2度塗りで仕上げる。

OTHERS

1. 質感の魔法でクールに決まる、フェミニンでレディライクなピンクやパープル。2. 自然光の赤い波長を捉えるピンク ブースター ピグメントを配合、肌に溶け込むコーラル。3. ベージュにミルクをたっぷりと注いだような、イノセントなホワイティベージュ。4. パール感でのっぺりとしない立体的なボルドーラインに。5. 薄膜の軽やかなつけ心地と、深みのある印象的な色ツヤを見事に両立。

Photography MOTOFUMI SANNOMIYA(TRIVAL)
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling AYANO NAKAI
Model ERIKA MORI
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 023』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES