next prev cart fb in line link open tw yt

Model / Nana Shinnoo

美しい骨格と印象的なパーツの持ち主で、ビューティモデルとして活躍する新野尾七奈さん。お仕事柄、肌疲れが溜まるとくすみが出やすかったり、冬の間の乾燥も気になり、美しいつや感やさりげない血色感が欲しいところ。

Snazzy Love

熱っぽく優美さがにじむ 2020 春のヴィーナス

One-piece dress ¥36,000 / Fumiku、Pierced earrings ¥11,000 / IRIS47(Hooves)

主役は、NARSブラッシュ 4077 ORGASM X。 ブランド草創期より熱狂的に支持されてきたアイコニックシェード “ORGASM”の『進化版』として登場した、 いわゆるコーラルピンクのイメージとは一線を画す、 ゴールドパールのツヤが潜んだエモーショナルで卓越した色めき。 口元はヌーディに仕上げることで、 デイリーにも使えるヌケ感をキープして。

「ロマンティックな中にも、ミステリアスさを感じさせるこの頬色に、グローブースターでハイライト効果をプラス。目元にはきらめきが美しいゴールドのアイシャドーを効かせて、品のあるドラマティックな表情に」(担当メイクアップアーティスト 鈴木麻里子さん)。

Eye 洗練された赤みと輝きでムーディな目元

アイシャドーを指に取ってアイホールに伸ばし広げたら、上まぶたのキワと目尻には重ねづけ。下まぶたのキワには同じアイシャドーを細めのチップでオン。仕上げに、まぶたの光感と共鳴させるようにグローブースターでつやっとTゾーンの立体感を強調。

Cheek 神秘的で鮮やかなドキドキさせる頬色

ブラッシュをたっぷりブラシに含ませて手の甲でひと払いしておく。頬の中央からこめかみへ、再び頬の中央に戻って耳下方向へ。頬の中央がしっかり色づき、外側に向かって淡くなるよう広めにぼかす。頬の高い部分にはグローブースターで光を集めて。

Lip シアーヌーディな美唇はひと手間が大切

唇をしっかり保湿してから、ごく少量のコンシーラーを指に取って唇の輪郭まわりに軽くたたきなじませてくすみ感をカバーしておく。リップはスティックのまま、上下の唇ともに内側から外側へと塗りあげ、中央に重ね塗りするとより美しい仕上がりに。

USED ITEMS

ヘルシーかつ知的さも伝わる、真摯な “色仕掛け” を可能にするアイテム。

1. つや出しアイテムとして、時には美肌感を際立たせるためにプライマーやリキッドファンデーションに混ぜて使うのもおすすめ。2. ワンストロークにして表情がセンシュアルに。光が当たるとゴールドパールの光沢が揺らめくシマリングディープコーラルピンク。3. 単色ながら、ほのかに赤みを帯びたゴールドにイリデッセントなラメを重ねづけしたかのようにギミックの効いた仕上がりが人気。4. ひと塗りでも迫力のあるボリューム感。ホイップされたように軽やかな液質だから重ねてもダマにならず、まつ毛をリフトアップ。5. ピグメントがリッチに配合されているので、透き通るようなシアー感を発揮すると同時にきちんとベージュみものる巧みなヌーディ感。

Fabulous Basic

ベージュとブラウンで普遍的にかっこいい女性像

Gillet ¥45,000 / MIDDLA(ALDDIM)、Necklace ¥99,000 / IRIS47(Hooves)

定番的なベージュやブラウンも、肌づくりにグローブースターを投入して光の精度を高めるとスタイリッシュさが倍増。アイシャドー、アイライナー、ブラッシュ、リップは、いずれも赤みを含んだ色みなのでメイクの余韻に女っぽさがじんわり。

「グローブースターは、顔全体に使うと肌がつるんとなめらかに見え、重ねるほどハイライト効果が引き出されます。この品のある肌つやが活きるよう、クラシックな陰影カラーでまとめつつ、緩急をつけた使い方でモードなスタイルにも似合うかっこよさを表現しました」(担当メイクアップアーティスト 鈴木麻里子さん)。

Eye まなざしはブラウンの濃淡で引き締める

アイライナーは上まつ毛のインサイドとアウトサイドの両方に引き、まつ毛キワを綿棒でなぞって陰影を仕込む。アイシャドーはブラシで上まぶたキワからアイホール内にふわっとぼかし、グローブースターで鼻筋につやを与えることで目元の深みをアップ。

Cheek ソフトに温もりを伝えるヌーディな頬

ブラッシュは頬の高いところ、黒目の下あたりからこめかみへ向けて、ブラシで左右に弧を描くようにストロークしてぼかす。ブラッシュのすぐ上、目尻の下から黒目の外側あたりの頬の高い部分にグローブースターで光感を強調して骨格美を際立たせる。

Lip セミマット質感の知的で女っぽい口元

目元は落ち着きのあるクールな印象でまとめているので、口元はピンクがかったチョコレートカラーでスタイリッシュな女っぽさを。上下の唇ともに、スティックのまま内側から外側へと塗りあげ、指先で輪郭をやさしくそっとなぞると自然に決まる。

USED ITEMS

なじむのに色映えする。定番色も、トーンや光感のコントロールでスペシャルな存在感。

1. イエローとベージュのピグメントを独自にブレンド配合。温かなゴールデングローのつや&潤いでどんな肌色もいきいきと輝かせる。2. ナチュラルに健康的な顔色へと導いてくれるピーチカラー。透け感あふれるヌーディな色づきによって、アンニュイな美肌感を演出。3. 遠目は深みあるブラウンで目のフレームを引き締め、近づいて見るとメタリックな輝きを含んだディープレッドで色香漂うまなざしに。4. 色と光が渾然一体となったメタリックブラウン。まぶたそのものが染まったようなスムースでシマーな陰影で表情をソフィスティケート。5. メイクに血色感を宿すニュートラルピンクチョコレート。コクのあるまろやかな甘さを放つ色みも、マットな質感で媚びない唇印象。

CYAN'S RECOMMENDS

新感覚のベースメイクアイテム、上質な光沢を添えてなめらかに見せ、心地よく肌が潤い続ける全2色展開のティンティッドグローブースター。巧みに調整された質感と発色の融合によってメイクをお洒落に引き上げるブラッシュの新 10 色。発表と同時にビューティのプロ達が絶賛した、メイク好き必見の2アイテムをクローズアップ。

NARS TINTED GLOW BOOSTER

光と潤いのエフェクト、まさに “肌オーラ増幅アイテム”

L to R:NARS ティンティットグローブースター 2182 , 2183 各¥4500(NARS JAPAN)

毛穴やキメの粗さといった気になる部分をさっとぼかし、つや感のカスタマイズによって顔立ちの美しさを引き出すブースター。ティンティッドという名前通り、うっすらとした色づきの中に、さまざまなスキントーンにマッチするパールや、保湿成分ホホバハイドレグローコンプレックスなどが配合されている。スキンケア後にベースとして顔全体に使えば、塗ったそばからきめにみずみずしい潤いが満ちて、明るくなめらかな肌の準備が完了。重ねてもムラにならず、薄づきのまま明るさと輝きがプラスされるので高く見せたい部分に使えば光が肌と一体化したようなプロ仕込みのハイライト効果が可能に。そのアメージングな使い勝手の良さこそ、NARS の魔法。日々の肌づくりに欠かせなくなるアイテムだ。

NARS BLUSH

一度使ったら虜、ユニークなシェードと極上の仕上がり

L to R:NARS ブラッシュ 【上段】 4011N、4046、4077、4078、4079【下段】4080、4081、4082、4083、4084 各¥3,700(NARS JAPAN)

ブラシでふわっとのせた途端、明らかな素晴らしさに感嘆してしまうチーク。NARS のブラッシュがつねに高く評価され続けてきた理由は大きく分けて2つある。1つめは、なんといってもパウダーの優秀さ。一般的にいわれている微粒子よりさらにきめ細かさを感じる、シルクのようになめらかな色の広がり。肌の内側からにじみ出たようなリアルな血色感をテクニックいらずで表現でき、2色、3色のブレンドや重ねづけもクリアに決まる。2つめは、ひと言では表しがたい魅力あふれるシェード。この春仲間入りした 10 色は、マット、サテン、シマーと多様な質感をまとい唯一無二な色めきを放つ。表情の鮮度を高め、大胆な生命力を注ぎ込む新10 色の中から、きっと自分メイク最強の味方に出会えるはず。

Photographer YUYA SHIMAHARA
Hair RITSU(Perle)
Make up MARIKO SUZUKI
Styling YUKA SEGAMI
Model NANA SHINNOO
Edit SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

STOCKISTS

ALDDIM 03-6447-0193
Fumiku info@fumiku.tokyo
Hooves 03-6447-1395

SERIES