next prev cart fb in line link open tw yt

透明感のあるヘアカラーで、魅せる春髪へ

深みのあるこっくりとしたブラウンカラーから一変。うらうらとこぼれ落ちる、春のあたたかな光をスーッと透かすように、ピュアで混じり気のないカラーで新しい季節を始める。

01 極限のシンプルさを

突きつめたミニマムなロングヘア。ベースは水平にぱつっと揃えたブラントカットで、毛先はレイヤーを入れず、切りっぱなしにすることで面をよりきれいにみせる。カラーは、ハチ下から1ブリーチし、根元が9トーン、ハチ下から12トーンのベージュでグラデーションにし、春のあたたかさを表現。毛先中心にしっかりストレートアイロンを通して、オイルタイプのスタイリング剤を少量つけてセット。

02 スカーフでボリュームセーブ

コテで髪全体を適当にMIX巻きにしてエアリーに。巻いた髪に三角に折ったヴィンテージスカーフを無造作に巻くだけで春らしい装いになる。カールした前髪はスカーフから多めに覗かせて情緒的な雰囲気を醸すのがポイント。ノーレイヤーの髪は、コテで巻くとボリュームが出るが、春らしいスカーフを上から巻くことで広がりをコントロールし、スタイリング剤を使わずともアレンジできる。

03 動きをつくるワイドバング

トップ全体にレイヤーを入れて前上がりにカットしたショートヘア。前髪は目の下の長さで、両頬骨の位置まで広くつくる。カラーは、毛束を細かくとって根元から1ブリーチした後にピンクベージュをかぶせて春らしいモーヴカラーに。全体はシアバターを揉み込み、髪に束感を出すために、ドライクリームを馴染ませる。程よくドライでぱらぱらとした毛束が顔まわりにニュアンスをつける。

04 センターパートでピュアに

額を出して、顔まわりに抜け感を持たせたパート分けアレンジ。シアバターを足してセミウェットにセットしたら前髪も合わせて髪全体をセンターに分ける。指で前髪をつまんで少量だけ毛束を散らし、残りを耳にかけてタイトに。ヘアカラーに馴染むような革紐を上から巻いて、後頭部下方でリボン結びを。メイクはプレイフルなイエローのアイシャドウを効かせて春らしさ溢れる表情に。

Salon LOAVE AOYAMA
Hair Stylist AI SAITO(01, 02)SAORI ISSHIKI(03, 04)
Model HANAH HIGGINBOTHAM(01, 02)CHIHIRO ISHIDA(03, 04)
Photography YUYA SHIMAHARA
Edit & Text ARISA SATO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 024』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES