next prev cart fb in line link open tw yt

FUMIE TANAKA

ヴィンテージマニアに贈りたい、世界にたった1つのアクセサリー

THE Dallas 改め、FUMIE TANAKAとして再出発をはたした田中文江。前身から人気のアパレルはもちろん、シグネチャー的存在だったデコラティブなアクセサリーも、引き続きコレクションのキーアイテムだ。イヤリングは、貴重なヴィンテージパーツを組み合わせた世界に1つだけのデザイン。重厚感あるゴールドやブロンズのビジューを用いたネックレスは、1〜3連までコーディネートに合わせてアジャストできる。

L to R:necklace ¥18,000 , earrings ¥10,000 / FUMIE TANAKA(DO-LE)

BASERANGE

着る人と環境にいい効果をもたらす、〝第2の皮膚〟に肌を包んで

素肌でいるより、着ているほうが心地いい。そんな「第二の皮膚」になりすますインナーウェアブランドBASERANGEが、巷で人気沸騰中。とくに賛美を集めているのは、環境への徹底した配慮とふわふわでなめらかな生地のタッチ。入念なチェックがおこなわれたオーガニックコットンやバンブーなどをメインに使用し、吸放湿性や防臭効果といった自然由来の機能面が味方に。お洒落心をくすぐられる、今季の多彩なカラーにも注目。

L to R:soft bra ¥6,800 , shorts ¥3,400 , tank top ¥11,500 / BASERANGE(ROPÉ ÉTERNEL)

STUDIO NICHOLSON

この秋、よそ行きとデイリーを両立させるシーンレスなとろみシャツ

メンズウェア特有の直線的なシルエットやミニマムさを、レディス向けにリデザインして提案するSTUDIO NICHOLSON。スタンドカラー×オーバーシルエットという一般的にはマスキュリンな形のシャツでも、このようにエレガントへ。美しい落ち感、うねるようなスリーブ、ルーズすぎないゆとり、華奢な襟元のバランスなど、洗練されたディティールはお見事。洗いざらしの雰囲気なので、かしこまりすぎず楽に着こなせる。

L to R:big shirt ¥69,000 , shirt ¥65,000 / STUDIO NICHOLSON(CHI-RHO)

beautiful people

リバーシブルを超えた〝サイドC〟。ロマン溢れるユニークな仕掛け

サステナブルな服づくりといえば、素材や生産背景にフォーカスされがち。しかしbeautiful peopleが着目したのは、「飽きては捨てる」をくり返す私たちの購買サイクルそのもの。服の表(A面)と裏(B面)だけでなく、普段は意識されないその間(C面)もデザインすることで、3つ以上の着こなし方を可能にする。このドレスは、チノクロスとプリーツの両面仕立て。ファスナーを上げると、さらに間から生地が覗く設計。

dress ¥89,000 / beautiful people(beautiful people SHIBUYA PARCO 2F)

Photography YUYA SHIMAHARA
Styling NATSUKI TAKANO
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text NENE MATSUMOTO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 026』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES