next prev cart fb in line link open tw yt

Lisa

透明感のあるスキントーンや瞳の色、そしてスタイリッシュな骨格で、ファッションからビューティまで幅広く活躍中。ストリートやモードがなじみやすい雰囲気を、今回は素顔の個性を生かしつつ知的な大人ガーリーにチェンジ。

Candle Light

温もり色を少しアンニュイに、さらりとヌーディな肌で

One piece dress ¥38,000 / NATSUMI ZAMA Pierced earrings(right)¥7,600(left)¥8,000 / somnium

上下のまぶたにオレンジピンク&ゴールドシマーとシマリングライトコッパーを効かせ、エアリーな温感で包み込んだ目元が印象的。透け感のある上気頬にソフトローズな口元と、全体にガーリーな雰囲気でありながら、端正に仕上がるソフトマットなファンデーションやひと塗りでクリアに仕上がる新作マスカラで知的な印象に着地させているのもポイント。

「“ふわっとした抜け感” の温かな冬のメイク。抜け感演出の主体となるのは、上下のアイカラーのシアーな色遊び。上まぶたは、先に発色しっかりなオレンジピンクを目のキワに効かせて、後からシマーなニュートルカラーをかぶせてソフトにぼかします。薄い色から濃い色へ、という通常とは逆のグラデーションのつけ方を覚えておくと、難易度の高そうな個性的な色みのアイカラーもなじませやすくなり無限に遊べますよ」(担当ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)。

Eye 個性強めのアイカラーも自然になじむ入れ方

最初に、アイシャドーパレットの下段左端、しっかりと赤みが発色するオレンジピンク&ゴールドシマーを上まぶたのキワから二重幅にのせる。次に、中段右端のシマリングソフトローズを上まぶたキワからアイホールまで重ねる。最後に、上段左端のシマリングデュオクロームニュートラルを眉骨からまぶた全体にブラシでふわっとかぶせるように。下まぶたキワには、中段左端のシマリングライトコッパーを涙袋までぼかして。まつ毛はアイラッシュカーラーで軽くアップ、マスカラを根元からさらっと一度塗り。アイカラーの透明感をいかすには、素のまつ毛をややはっきりさせる程度で十分。

Cheek 温もりチークは角度をつけず水平にスライド

ブラッシュは、目元の赤みと響きあい、絶妙な透け感で表情にセンシュアルな温感を与えてくれるORGASM Xをセレクト。チークブラシに取り、頬のかなり内側(黒目より中央寄りにブラシを置いて)から、頬の高いところに横長に広めにぼかす。肌と一体感が出るよう、できるだけ筆先がふわっと広がるブラシで、軽くティッシュオフしてからストロークすると自然に決まる。

Lip リップの色めきでシックな愛らしさを演出

リップスティックの色は、アイホールにものせたアイカラーと同じ系統のソフトローズ。スティックのまま、上下の唇ともに、自然なフォルムに合わせて中央から外側へ向かって塗り上げて。目元が軽やかなシマー感なのに対し、口元は上質な光沢感をたたえたセンシュアルサテン。質感でほどよい落ち着き、色みで愛されるナチュラルさを表現した仕上がりに。

USED ITEMS

灯火のように柔らかな赤みを際立てるには、質感の駆け引きも重要に。

1. 12シェード全てが限定色。今回使用したシマーなコッパーとオレンジピンク、ソフトローズは、とりわけ毎日使いたくなりそうな旬色。2. 光沢と赤みが溶け合って、内から湧き上がったかのように発色。恍惚の頬色No.1のシマリングディープコーラルピンク&ゴールド。3. 素の唇の色素感としっくりなじみつつ、色香がにじむ美印象へ。サテンのツヤめきによって色沈みすることのないソフトローズ。4. 2006年に限定発売し人気を博した、伝説のアイラッシュカーラーがついに定番化。NARSのマスカラとも好相性の美しいカール力。5.「革新的」という評価を達成するまで、極められたボリュームと黒の純度。まつ毛の根元から吸い付くように密着して毛先までダマなくくっきり。6. 指で伸ばし、スポンジでぼかしこむだけ。パウダーフォーミュラによって軽やかにテカリを抑え、つけたてのソフトマット感が持続。7. 今回は、肌と同じトーンの色をファンデーションの後に使用。薄づき高密着でクマの影やニキビ跡、小じわっぽさも自然にカバー。

Snazzy Mauve

ノーブルな目元に、立体感と配色でフレッシュな魅力を

Blouse ¥24,000 / VL BY VEE(SUSU PRESS) Pierced earrings ¥18,000、Ring(right)¥25,000(left)¥23,000 / moil

深みをたたえたマットなウォームカラーがじんわり広がる目元や頬を、パノラミックな漆黒まつ毛とマットなモーヴの唇でスタイリッシュに引き締めて。上質なテクスチャーにこだわるNARSだからモダンに映る “テクスチャー統一ルック” 。そんな質感縛りは、立体感が強調する部分を作ったり、色使いはワントーンにまとめないようにする、といった工夫によってさらにエフェクティブなルックに。

「エクストリームエフェクト アイシャドーパレットの中の、マット質感のアイカラーを効かせて基本はハンサム。アイラッシュカーラーでカールアップしてから新作マスカラを塗りあげて、まつ毛のみガーリーに。肌づくりからソフトマットなので、かしこまった感じになり過ぎないよう、チークはベージュをヘルシーな入れ方で、リップの色みは女っぽいモーヴでちょっぴりハズして」(担当ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん)。

Eye ブロンズを隠し味にピンクやベージュをレイヤー

アイシャドーパレットの上段左から二番目、マットベージュをアイホール全体に広げて、同じ上段右から二番目のシマリングブロンズを上まぶたのキワから二重幅にオン。下まぶたは、中段右から二番目のブライトピンクピーチを下まぶたの目頭から3分の2までにぼかし、同じ中段の左から二番目のマットモーヴピンクを目尻から3分の1までにぼかす。まつ毛はアイラッシュカーラーで根元からしっかりアップ。マスカラは上まつ毛のみで、ブラシを根元からぐいっと入れて液を密着させるようにジグザグ塗り。眉は、スクリューブラシでの毛流れの立ち上げが重要、足りない部分はペンシルやパウダーで描き足しを。

Cheek ピーチベージュの頬で甘くなり過ぎない血色感

ブラッシュは、肌なじみ抜群のマットピーチヌードをヘルシーな日焼けチーク風に。小鼻横から、半円を描くように頬の盛り上がったところを通ってこめかみへ。筆先の大きめなチークブラシやフェイスブラシにブラッシュを取り、ふわっとストロークを繰り返すと色が柔らかに広がりよりリアルな日焼けっぽい色づきに。

Lip 質感と色みを掛け合わせてエッジィに可愛く

リップカラーのキャップに付いているアプリケーターで、唇の自然なフォルムに沿って中央から外側へと手早くさらっと塗り上げる。質感は同じマットでも、こっくりウォーム系ではなく、やや青みのモーヴを口元に持ってくることで新鮮なムードのマットメイクに着地。

USED ITEMS

軽やかなマット質感の優雅さに、色選びで小気味良い抜け感を+。

1. 立体感を引き出しやすい血色を意識した陰影、ムードを高める質感。捨て色発生の予感ゼロ、どれも推し色になる可能性大な精鋭12色。2. 上質な粒子感によって、濃すぎず、淡すぎない発色が実現。透けるマット感で赤みが絶妙になじみ、桃肌に仕上がるヌーディカラー。3. クッション性の高い、フェザーのように軽いピグメントを採用。クリーミーに伸びて縦じわをぼかし、スムースに色めく次世代リップ。4. なだらかなカーブを描くパッドが、どんな目元にもフィット。人間工学に基づいたデザインが手になじみ、快適に美しくまつ毛をクセづけられる。5.地まつ毛そのものが濃く、長く伸びたかのような自然さ。重ねてもゴワつかず、しなやかな皮膜力と強い黒で毛先まで抜かりなく主張。6. 揺らぎやすくオイリーに傾きがちな肌のうるおいバランスを整え、夕方になってもくすみも知らず。マスクに色映りしないも嬉しい。7. オプティマルフュージョンパウダーの配合により、薄づきながら凸凹感のある肌のアラも光を拡散する視覚効果でぼかしてカバー。

CYAN'S RECOMMENDS

アイメイク次第でいかようにも変貌することができる、無限の可能性を秘めた東洋の女性の目もと。ただし、まつ毛においてはほとんどの人が「もっと濃く、もっと長く」という願望を抱いているだけに、マスカラの “ひと塗りの威力” に一方ならぬこだわりを持つ。もちろん、アイシャドーのトーン、シマー感、その伸びやかさへのジャッジも当然ながら厳しい。クライマックス エクストリーム マスカラは、そんな私たちが思わず息を飲むほどの迫力仕上がりを瞬時に叶えてくれる。同時に発売となるエクストリームエフェクト アイシャドーパレットもまた、センシュアルな彩りとクリーミーなつけ心地で使うほどに深く満たされていく。大げさではなく、泣く子も黙るメイク効果とはまさにこのこと!? 毎日メイクに欠かせなくなりそうな全2アイテム3種の魅力をとくと解説しよう。

CLIMAX EXTREME MASCARA

あらゆるギミックを駆使することで極限の仕上がりを完遂

L to R:NARS クライマックス エクストリーム マスカラ , NARS クライマックス エクストリーム マスカラ ミニ

ひと塗りで、これまでになくドラマティックなボリュームアップとツヤに満ちた漆黒まつ毛を目指せる。ブランド史上最高とされるパフォーマンスを支えるのは、ピグメントの処方テクノロジーと、ハイパフォーマンスなブラシ構造。NARS独自の純度の高いマイクロ状ピグメントに、コンディショニングオイルを染み込ませたというブラックピグメントは、ラテックスのようなツヤ感とともにまつ毛にムラなく密着。XXXLサイズの硬めのブラシが、短いまつ毛や端っこのまつ毛も根元から一気に捉え、しなやかな皮膜力をもって目のフレームを際立て、ライン効果と飛び出すような立体感を引き出す。通常サイズと同時に店舗エクスクルーシヴで発売されるミニサイズは、トラベル用として、下まつ毛を際立てたい時など “ちょい足し” 用に便利。目元に最大級の迫力を求めるなら、ぜひとも通常サイズとミニサイズ、二刀流で攻めてみて。

EXTREME EFFECTS EYESHADOW PALETTE

使うほどわくわく、多彩なエフェクトで劇的にキャッチーな目元へ

NARS エクストリームエフェクト アイシャドーパレット 全1種

トレンドを席巻し続けているウォームカラーが充実、ワインやブラックといったディープな締め色もセットされている12シェード。質感も、マットにシマー、そして新作マスカラと共鳴するラテックスのようなツヤと、それぞれの色に合わせて大胆な振り幅で設定されている。単色、2色、3色、4色、どんな組み合わせでもモダン。クリーミーなつけ心地は、スライド性が高まりシマリングカラーの輝きや透明感をさらにいきいきと見せ、深いマットカラーはまるで肌が染まったかのようにくすむことなく溶け込む。アイブロウをほんのり色づけたり、アイライン的にも使いやすい高発色。さまざまなニーズに応えるフレキシブルさを備えたこのパレットと、豊かな漆黒まつ毛をつくるマスカラは、日常にドラマを起こすためのフルパワーなまなざしを演出する最強タッグだ。

メイキング動画はこちら

Photographer YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up TOMOKO OKADA
Styling YUKA SEGAMI
Model LISA
Edit SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

STOCKISTS

NATSUMI ZAMA 03-6875-7908
moil info.il.moil@gmail.com
omnium 03-3614-1102
SUSU PRESS 03-6821-7739

SERIES