next prev cart fb in line link open tw yt

Warm tone / Emotional mood

柔らかく温かなシェイドに、煌めきと秋色のスパイスを加えて。
リラックスしたムードの中にも、聡明さと情緒の豊かさを感じさせる表情。

shirts ¥32,000 / RELDI(TOYOSHIMA) dress ¥33,000 / muller of yoshiokubo glasses ¥38,000 / YUICHI TOYAMA(Continuer)

MAKE UP

「目頭に重きを置くバランス感が再熱。ゴールドのマスカラは、目元が薄く見えないようあえて黒の部分を残すのが◎」(ヘアメイク岡田知子さん)

USED ITEMS

輝度と温度感を高め叙情的に秋を薫らす

1. 選び抜かれた美容成分を独自のバランスで配合したスキンケアファースト処方。2. 光の反射効果に優れたパール剤と濃密な色素を含み、重ねづけ次第で印象操作も自在。3. 太陽の光の柔らかさや明るさからインスピレーションを受けたヘルシーな色設計。【PHOTO:©CHANEL】4. ゴールドの輝きで大胆に目元を縁取るマスカラ。ムースのようなフォーミュラのボリュームタイプ。5. アライヴなウェット感を演出する新感覚のマットリップ。6. 砂糖漬けしたラズベリーを思わせる、鮮やかなカラーリング。【PHOTO:©CHANEL】

Eye 惹き込まれるピンク&ゴールド

3の左下をアイホール内と下まぶたに、右上をホールラインにオン。目頭は右下のゴールドできらっと。4のゴールドマスカラを下まつ毛はしっかり、上まつ毛は先4分の1だけ塗る。

Lip 自分色の黄みリップ

リップは個性のある芥子色を直塗り。あえて下地で唇の色を消したりせず、元の赤みと混ぜるくらいの自然さでOK。2を頰から耳の付け根まで広範囲にのせて、しっとりした肌へ。

Nail 透け感ある赤でもうひと捻り

いついかなる時もムードを高めてくれる赤で、短く整えた爪を色づけ。暗めネイルを選びがちな季節も、今年は隠蔽感のないスッキリとした赤で、指先に華を添えたい気分。

OTHERS

1. カルトクラシックシェード “ORGASM” からインスパイアされたパレット。2. ブルーパールが繊細に輝き、光彩を揺らすスモーキーゴールド。3. スキンケア発想のウォータリーファンデーション下地は、まるで化粧水のようなつけ心地。4. 内側から発光するような輝きを与えるリクィッド ハイライター。【PHOTO:©CHANEL】5. ベージュとブラウンの中間色で、抜け感と温かみを唇にプラス。

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up TOMOKO OKADA(TRON)
Styling NATSUKI TAKANO
Model LUKA(étrenne)
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text TOKO TOGASHI

こちらの情報は『CYAN ISSUE 026』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES