next prev cart fb in line link open tw yt

Elegant / Adorkable

大人感をキープしつつ、洗練と野暮ったさを上手にミックス

Jacket ¥94,600 by HYKE / BOWLES shirt ¥25,300 by CASA FLINE skirt¥30,800 by KAYLE skarf¥9,680 by manipuri earing¥14,300 by atelier ST,CAT

Makeup

夏の陽射しに映える色遊び。頬や唇は、赤みベージュで土っぽい血色トーンに。目元は肌と共鳴するシマーな赤みを広げてから、バイオレットのマスカラ、目頭のゴールド、目尻のベージュのアイラインとハンサム要素で洗練感を織り込んで。

USED ITEMS

Eye

パレットaの中段左のローズを、ブラシで上まぶたのアイホールと下まぶたキワにぼかす。上まぶたは、二重幅に下段中央のプラムを重ねて、目尻から5分の1にbのベージュでアイライナーを引く。下まぶたの目頭から4分の1には細いブラシでdのゴールド、マスカラはcの紫を上下のまつ毛に束っぽく塗り上げる。

Skin & Cheek

チークは、スキントーンの延長にある微かな血色感、くらいが理想。eのベージュのブラッシュを指で頬骨の高いところに斜めだ円状にぼかして。スキンケアの段階でオイルをなじませ、ファンデーションも潤い豊かなリキッドタイプでツヤ肌に寄せておくとこっくり見えがちな暖色も夏らしくすっきりまとまる。

Lip

エアリーなテクスチャーで唇をなめらかに彩る、マットなリップカラーfは頬色と合わせたウォームなベージュをチョイス。アプリケーターで唇の内側から全体にさっと塗り、リップブラシで少し丁寧に輪郭をぼかす。ぼかしリップも、目元の色遊びが子どもっぽい雰囲気に見えないよう、端正さを意識して。

Recommend Items

a. 2層のエッセンスで肌を柔らかくほぐし、みずみずしいツヤ肌に。潤いを与えて守るアロマも美しいオイル。b. 極上のクレヨンのような色づきでまぶたを明るく整えるマットなライトベージュ。c. 鮮やかな紫の発色、まつ毛をソフトでしなやかにキープするムースのような液質も秀逸。d. ひと塗りで旬リップが完成する、パサつかず絶妙なぼかし効果×シアーな赤みベージュ。
e. ムースからパウダーへ変化するテクスチャーも手伝って、骨格美を際立てるさりげない血色感を表現できるベージュ。f. ダイヤモンドの輝きに着目、光があふれるようなツヤ肌を持続するうるおいファンデ。全8色の展開、SPF25・PA++。g. スパークリンググロス層とクリアカラー層がマーブルに。塗り方で印象を自在に調整。h. まぶたの上でも、見たまま色をきちんと再現。パールの明度アップ&ジューシーな彩りで自然にぱっと見開きアイ。

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up IKUKO SHINDO(SHISEIDO)
Styling AYANO NAKAI
Model NICO ANDO
Edit & Text SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

SERIES