next prev cart fb in line link open tw yt

Straw Hat

brim wave hat ¥20,900 by TAH / TAH Tokyo silk vest dress ¥39,600 by NOMA t.d.×Ray BEAMS / BEAMS WOMEN HARAJUKU dress ¥24,200 by ne Quittez pas / Pasand by ne Quittez pas

ストローハットはまさにこの季節だけのとっておき。今年はデコラティブでインパクトある仕様が多数登場。女優さながらのつば広シルエットは、カジュアルなイメージのストロー素材をエレガントに昇華してくれるから、大人の女性にぴったりのアイテム。

Flat Sandals

1. sandals ¥27,500 by marietta’s fantasy / FLAPPERS 2. sandals ¥13,200 by ne Quittez pas / Pasand by ne Quittez pas 3. metal ball sandals ¥37,400 by _Fot / Harumi Showroom 4. sandals ¥44,000 by AKIRANAKA / Harumi Showroom 5. flat strap sandals ¥20,900 by SEA / S-STORE 6. sandals ¥25,300 by FABIO RUSCONI / BEAMS WOMEN HARAJUKU 7. sandals ¥42,900 by KATIM

夏本番に向けて足元も衣替え。ライフスタイルの変化に伴いサンダルも履きやすいフラットが主流に。華奢でフェミニンなシルエットorビッグボリュームのマニッシュなデザイン、どちらかに振り切った選択が◎。スクエアトゥーやトングのディテールにも注目。

Makeup

Electric Sky / Lilac Calm

主役はスカイブルーのアイライン。目元はあえてアイカラーやマスカラをレス。夏小物と共鳴する洗練仕上がりへの道すじは、透明感アップが得意で、旬な気分と清潔感を備えたモーヴやライラックをベース、リップ、ネイルにまとえば完璧。

Used Items

Eye

ブルーのアイラインは、アイシャドウやアイブロウのニュアンスカラーとしても使えるaのカジャルで引いて。エッジのはっきりした細いラインは、アイライナーブラシに取って引くとより美麗に決まる。インラインは埋めず、アイカラーやマスカラもナシで抜け感を演出する代わりに、眉はきちんと描いてメリハリを。

Skin & Cheek

チークは、アイラインのブルーの発色を際立ててくれるようなシアーなピンクパープルで。目元や唇にも使えるbのマルチパウダーを、指先で頬の高い部分(黒目の真下よりやや内側)から斜めだ円状にぼかす。肌づくりの際に、フレッシュな血色感と透明感を与えるプライマー aでくすみを払っておくことも忘れずに。

Lip & Nail

チークは、アイラインのブルーの発色を際立ててくれるようなシアーなピンクパープルで。目元や唇にも使えるbのマルチパウダーを、指先で頬の高い部分(黒目の真下よりやや内側)から斜めだ円状にぼかす。肌づくりの際に、フレッシュな血色感と透明感を与えるプライマー aでくすみを払っておくことも忘れずに。

Recommend Items

a. ブルーのフェルトチップアイライナーとプラチナムのカジャルアイライナーのダブルエンド。b. 繊細なパールと青みのラベンダーカラーでくすみを払い、うっとり級のみずみずしい口元に。c. ミニマムに目尻に引いただけで、華麗なるモード感。瞳の吸引力を高める鮮やかなコバルトブルー。d. 薄膜ヴェールで不足しがちな血色感と透明感をアップ。時間が経ってもくすみや毛穴落ちが起きにくい仕上がり。SPF9・PA+。
e. ペンシルとパウダー、ブラシが1本にまとまった、忙しい朝にもうれしい1本。赤すぎず黄みすぎずのトープはなじみ抜群の便利カラー。f. 落ち着いたトーンのモーヴの青みが手肌を白くほっそりと、レッドパールの光感で指先の洗練度が高まる優れ色。g. 視線を惹きつける、エキゾチックなマラケシュの街から飛び出してきたような色と煌めき。h. 瞬時に顔鮮度アップ!ハイカバーコンシーラー、ライトファンデーション、ピュアなツヤと血色感を与えるパープルのムードカラーの3色セット。

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Makeup KAREN SUZUKI
Styling NATSUKI TAKANO
Model ERIKA MORI
Edit & Text YUKA ENOMOTO
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 029』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES