next prev cart fb in line link open tw yt

Style 01

グロッシーLADY

Model : NANASE UCHINO

瑞々しさと艶っぽさで仕上げた、胸ライン重めのワンレングスロング。表面のみローレイヤーを入れ、前髪は顎ラインでカットしている。6.5トーンの赤みを抑えたグレーアッシュで地毛になじむようにカラーリング。ストレートすぎると強くモードになりすぎてしまうため、大胆にオールバックにしておでこを出しつつ、くせ毛を活かして柔らかくセンシュアルな要素も加えた。クセをいかすため、濡れた状態から8割ほどドライした後に中心から毛先にかけてスプレイヤーで水を揉み込む。そのあとにオイルをハチあたりから毛先に向けてしっかりなじませ、前髪と根元付近にも手ぐしで後ろに梳かすようにオイルをなじませればOK。

Used Item

重さを求めたり、エッジを効かせたくなる冬のスタイリングには、しっかりとしたウェット感が出せるオイルを。NiNE マルチスタイリングオイルリッチ【サロン専売品】¥3,080 (hoyuprofessional)

Style 02

エアリーモードなブリティッシュガール

Model : DRAIN KATE

ざっくりゆったりシルエットのニットに、ふわっと柔らかいロングヘア。首の詰まったトップスに合わせて、顔まわりをすっきりさせて重たくならないようにヘアで調整した。ドライ後、34mmのコテで表面のみところどころを外巻きに2回転していく。クッションブラシで全体をほぐしたら、クリームタイプのスタイリング剤をなじませる。こめかみ付近にもしっかりなじませて、クセをいかすようにスタイリングすれば完成。

Style 03

クラシックモードなボブ

カジュアルながらも洗練された落ち着きのある女性をイメージしつつ、ヘアで遊び心を忘れない。顎ラインギリギリでカットしたワンレンボブに、眉ラインで薄めに前髪を作り、カラーは8レベルのラベンダーベージュに。スタイリングは、デザイン性のある外ハネにし、耳まわりを起こして動きをつけたのがポイント。全体的にオールバックになるように後ろに向かって乾かした後、34mmのコテで外ハネにクセづけ。前髪も後ろに向かってワンカールさせた後、根元からセラムタイプのスタイリング剤をなじませた。

Hair Stylist

MIDORI TANIGUCHI

2009年k-two入社。 2018年同銀座店店長就任。 サロンワークと同時に、一般誌等、広告等のヘアメイクでも活躍。 女性らしい柔らかさのあるアンニュイなヘアデザイン、ヘアメイクに定評あり。 ヘアと同時にメイクとファッションを絡めたSNSを発信。

SALON’S INFORMATION

k-two GINZA

東京都中央区銀座7-8-7 GINZA GREEN 6F

Photography  MIE NISHIGORI
Hair  MIDORI TANIGUCHI (k-two GINZA)
Edit & Text  TOKO TOGASHI

SERIES