next prev cart fb in line link open tw yt

Flapping Yellow

vest ¥20,460 sandals ¥26,400 all by TODAYFUL / LIFE's DAIKANYAMA dress ¥44,000 by AKANE UTSUNOMIYA / BRAND NEWS tops ¥23,100 by AMOMENTO hat ¥33,000 by VAN PALMA / all by SHOWROOM 233 earrings ¥13,200 by BRIE LEON / JACK of ALL TRADES press room

Makeup

川のせせらぎと、小さなさえずりが耳に届く。枝から枝へと飛び移り、空へと渡るあの黄色い野鳥のように、自由にのびのびと。

Used Items

a. 25色のバリエーションで、存在感ある目元に仕上げる単色アイシャドウが4月にリリース。11番はネオンのようなヴィヴィッドイエロー。高発色で目元にしっかりフィットし、大胆にのせる夏のアイメイクにも力を貸してくれるはず。b.パレット左のクリームと、右のパウダーをレイヤードしてふわりと発色する頬に。自然体に近いブロッサムベージュで品を添えて。c.昨年春の限定色だったシャインスカーレットカラーがカムバック。ほんのり色づくレッドに繊細なゴールドパールが煌めき、乾燥する唇を保湿しながら血色感をUP。d.きらきらと輝くグリッター入りで、ホワイトネイルを立体的に楽しめる。速乾性に優れたベースが爪にしっかり密着し、個性あふれる指先をキープ。e.アボカドエキスやホホバ種子オイルなど、厳選した保湿成分を配合し、美しい仕上がりを追求したネイルカラー。知的なムードを醸す10番のモスグリーンは、神秘的な森の空気を感じる発色で、光沢感とムラのないなめらかさが特徴。指先からの森林セラピーでリラックス気分を味わって。

eye

夏の陽射しによく映えるaのイエローを指にとり、アイホール全体にトントンとのせる。アイメイクの存在を印象づけるため、目尻側には幅広めにしっかりと重ね、下まぶた全体にも薄く伸ばしてイエローで目元をふちどって。

cheek&lip

頬には、さらりとした質感のbを使用。右側をブラシにとって手の甲で軽く粉感をはらい、頬の中央に赤みを足すようにふんわりとのせて自然な血色感を。口元は保湿力のあるリップで、うるおいと厚みをもたせた仕上がりを狙う。薄づきのレッドが上品なcを指先に移し、唇にポンポンと色をつけてヌーディに。

nail

手指だけでなく足先もネイルを堪能できるのは、夏だからこその特権。エナジェティックなアイメイクとバランスをとるように、手元にはdのクリーンなホワイトカラー、足元にはeのグリーンをセレクトし、涼をとった色合わせに。

Other

Photography : YUYA SHIMAHARA
Hair & Makeup : TOMOE NAKAYAMA
Styling : AYANO NAKAI
Model : SEIRA
Edit & Text : YUKA ENOMOTO
Text : ARISA SATO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 33』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES