next prev cart fb in line link open tw yt

肌感とまなざし、ETVOSで印象的な秋顔づくり。

肌ひとつで洗練されたムードを醸し出してくれる話題の化粧下地と、深みと煌きで奥行きある目元をつくり出す2022 AW Collectionのアイカラーパレット。センシュアルと品を両立した表情を叶えたいなら、この秋はETVOSを選ぼう。

Mineral Inner Treatment Base

なめらかでクリーンなツヤ肌を演出

うるおいがすっとなじむ、美容液成分配合のスキンケア感覚テクスチャーでハリのあるなめらかな肌へと整えるスキンケアベース。既存色のクリアベージュに続き、今季ラベンダーベージュが仲間入りする。繊細な色とパールの組み合わせが、光の反射によって毛穴やシミ、くすみ感をカモフラージュ。エアコンの乾燥や寝不足などで顔色が冴えないときもごく自然に肌色をトーンアップしてくれる。心地よいフィット感の秘密は、ヒト型セラミドをはじめとする保湿成分で角層の隅々までうるおいで満たすインナートリートメント効果や、こだわり抜かれた比率で配合されたオリジナルブレンド植物オイルの配合など。クレンジグ不要、石けんオフ可のやさしさも嬉しい。

Mineral Classy Shadow

ヴィンテージ感の漂うピンクモーブ

トレンド感たっぷりなモーブを、少しセピアがかったグラデーションで表現。秋らしい熟成感が漂う、メンズもこなしやすい4色パレット。左上は、リッチな煌きがアクセントのシャンパーニュピンク。左下は、マットな質感で色気のある陰影感を生み出すアッシュモーブ。右下は、ゴールドパールが潜んだバーガンディモーブで、ライン使いのほか、スクリューブラシでアイブロウにのせれば表情に抜け感が。右上は、ナイーブさを残した洒落感をまなざしに添えてくれるシアーマットなパウダーピンク。ミネラルが持つ繊細な輝きと保湿成分配合によるツヤ感のバランスが絶妙で、優れたメイク効果ながら石けんで落とせるスマートさも高ポイント。

Photography KENICHI SUGIMORI
Edit YUKA ENOMOTO
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN MAN ISSUE 02』に掲載された内容を再編集したものです。

SERIES