next prev cart fb in line link open tw yt

ファッションの最前線から 新たなヘアトレンドが到着

アップカミングブランドとして、日本でも注目されるIsa Arfen(イサアーフェン)のコレクションや、海外ファッション誌の現場のオフショットなど、KOTA SUIZUが手がけた旬なヘアスタイリングをロンドンからお届け!
 

「雑誌撮影のオフショット。高さを強調したアップスタイル。“Oribe” のドライテクスチャースプレーを使い、全体をマットで柔らかい質感にしてから、頭頂部でねじって高さを出し、少しだけファニーに」

「ロンドンでコレクションを発表しているIsa Arfenのヘアは、毎回担当しています。今シーズンは『和』からインスパイアされたコレクションということで、結い髪の要素を取り入れたアップスタイルに。写真上は夜会巻きを頭頂部に持ってきて、毛先に遊びをつけたスタイル。毛先には、“label.m”のテクスチャーライジングボリュームスプレーで動きをつけ、根元~中間部はジェルをたっぷりめにつけてタイトにセット。写真下は、『髷』を取り入れたミニマルなスタイル。全体がウェットな状態で“label.m”のジェルをたっぷりなじませ、毛並みを完全に揃えてまとめています」

「パティ・スミスのようなハイレイヤー&ミディアムのウルフは、今最も旬。細めのコテで全体にランダムにウェーブを作り、“Bumble and bumble.”のオイルとポマードをなじませ質感を強調しています」

「全体的に“Oribe”のドライテクスチャースプレーでマットな質感にした後、かっちりしすぎないようゆるく三つ編みにしてからピンで留め、余った毛先やおくれ髪はワックスなどで束感を強調。短めの毛は、無理やりまとめようとせずに生かし、自然の美しさを見せるのがポイント」

「Vogue Parisのイベントで、女優のKirsten Dunstのヘアを担当。全体をやや細めのコテで巻いた後、“Bumble and bumble.”のオイルとポマードを混ぜて全体になじませ、束感を出しています」

KOTA SUIZU

Hair stylist / 東京都出身。2008年に渡英。現在はロンドンを拠点に、id, Dazed, POP, Vogue, Harper’s Bazaarなどの雑誌や広告、London / Paris Fashion Weekでショーのヘアを担当。

こちらの情報は『CYAN ISSUE 015』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES