next prev cart fb in line link open tw yt

Yves Saint Laurent Beauté

2018年は、POP ILLUSIONと銘打ったコレクションで幕開け。鮮やかで幻想的なアイテム群の中でも、CYANのいち推しはまばゆいゴールドのアイライナー。アイカラーやアイラインをブラウントーンでシックにまとめた上でゴールドを効かせると、たちどころに雰囲気たっぷりのまなざしに変貌。唇も、新登場のウォータリーな色つきバームでしっとりヌーディに決めて、季節の優美な移ろいをまとって。

Use Item

1.粋なエレガンスを感じるベージュブラウン。クチュール クルール パレット No.2 ¥7,800 2.高濃度ピグメント配合の軽やかな色づきで自在に色みを操れる。ブロウクチュール パレットNo.1 ¥6,900 3. YSL アイライナー No.2 ¥3,300 4.アイシャドウ使いも可な品と迫力を兼ね備えた輝き。リキッドクチュール アイライナー No.9 ¥4,200 5.スワイプ&タップでツヤ感もカバー力も簡単にコントロール。ラディアント タッチ ルクッション B30 ¥7,500 6.ココナッツウォーターを配合、唇にのせると水がはじけてみずみずしい感触と色ツヤが持続。ヴォリュプテ ウォーター カラーバーム No.12 ¥4,000(2/2発売) 7.毛穴やくすみをぼかしてさらりと整え、ゴールドパールで艶やかに。ラディアント タッチ ブラープライマー 30ml ¥6,300(すべてイヴ・サンローラン・ボーテ)

Make up point

キーとなるアイテムは、目頭に灯されたゴールドのアイライナーと、2月発売のウォーター カラーバーム。「表情の強さを担う眉をあえてもやっと色づけて主張を抑え、さらにノーマスカラ、ノーチーク。まぶたにのせるアイシャドウもシックな配色で最小限の立体感に留め、目頭にのせたゴールドを際立てると印象深いまなざしに。唇は水がはじけるテクスチャーと発色を両立したウォーターカラーバームでさらりと上質に仕上げています」(ヘアメイク吉川陽子さん)ミニマムな配色を引き立てるべく、肌づくりは人気のクッションファンデーションで光を秘めたセンシュアルさを強調。

EYE&EYEBROW

キャンドルライトを目頭に

3.のブラウンのペンシルで上まつ毛の間を埋めこみ、立体感は1.のパレットの左上をアイホール、右下を上まぶたのまつ毛キワにのせて演出。目頭にくの字に入れた4.のゴールドのアイライナーは指で軽くぼかして。眉は2.の中央の色をふんわり入れてソフトに。

LIP

湿度感のある柔らかなリップ

口もとは、みずみずしいツヤ感のピンクベージュ。6.の水をたっぷり含んだリキッド状のリップバームを、唇の中央からオン。先端がシャープな角度になっているアタッチメントで輪郭を整えたら、もう一度リキッドを取り足して唇の中央に重ねると色ツヤに深みが。

SKIN

吸引力のあるなめらかな肌

7.のプライマーを顔の中央から外側へなじませ、肌の細かなアラを消し去る。5.のクッションファンデーションで、まずは顔の片側の色むらや毛穴が目立ちやすい目の下〜頬にのせ、そのままおでこや輪郭へとなじませて。ファンデを取り直し、反対側も同様に。

dress ¥78,000 / JOSEPH(Onward Kashiyama)

Photography YUYA SHIMAHARA
Hair & Make up YOKO YOSHIKAWA
Styling MAYA WATANABE
Model SHINOBU (CYANISTA)
Edit SATORU SUZUKI
Text KUMIKO ISHIZUKA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 016』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES