next prev cart fb in line link open tw yt

About Sri Lanka

年間を通して常に温暖なイメージがあるが、細かく見ると、そのユニークな地形の為に地域によって気候が異なる。暮らす人々の宗教や風習についても知っておきたい。

 スリランカは、日本の南西約7,500kmのインド洋上に位置する島国。熱帯性モンスーン気候に属しているが、気温は年間を通しても2〜3度しか違わず、比較的過ごしやすい。また、南西モンスーンと北東モンスーンの影響を受けている為、乾季と雨季が存在する。
 5〜9月は南西モンスーン期と呼ばれ、赤道付近からの湿り気を含んだモンスーンが、南西部の海岸沿いと高地を中心に雨をもたらす。対する11〜3月は北東モンスーン期。ベンガル湾からのモンスーンが、北東部を中心として、全域に雨を降らせる。この間の10月と4月は「インターモンスーン期」と呼ばれ、10月は無風期間、4月は年間で最も暑くなる。
 小さな島国だが、前述のように、モンスーンや地形の影響によって、それぞれの地域で訪れやすい季節が異なる。1年に2度雨季がある島の南西部は「ウエットゾーン」と呼ばれ、1年に1度しか雨季がない北部、東部、南東部は「ドライゾーン」と呼ばれている。
 民族的には、インド北部のアーリア系を祖先にもつシンハラ人が総人口の約70%を占め、次いで多いのがタミル人。彼らは南インドにルーツがあり、人口の約20%を占める。第3の民族は、スリランカ・ムスリムと呼ばれ、人口の約8%。シンハラ語とタミル語が公用語になっているが、連結語として英語も認められている。
 シンハラ人の大多数は仏教徒であるのに対し、タミル人の多くはヒンドゥー教徒、スリランカ・ムスリムはイスラム教徒である。国民の約70%が仏教徒、約10%がヒンドゥー教、イスラム教が約8%、そしてキリスト教徒も約11%いるとされている。
 そんな多民族・多宗教国家のスリランカだが、多数を占める仏教徒たちは、各月の満月の日を「ポヤデー(フルムーン・ポヤデー)」と呼び、寺院へ参拝する。また、ポヤデーは国民の休日でもあり、役所や銀行なども閉められる。
満月を祝い、経済活動や食肉などを控え、全土的に(旅行者も含め)禁酒となる。いつもは華やかな色彩のサリーを身に纏う女性たちも、水で身体を清めてから、真っ白なサリーで寺院に参拝する。特に5月は「ウェーサーカー祭」と呼ばれ、盛大に行われる。
 産業は、紅茶、天然ゴム、ココナッツが3大輸出商品として知られる。中でもスリランカ産の紅茶は「セイロンティー」と呼ばれ、世界中から愛されている。さらに、宝石の産地としても有名で、アレキサンドライトやキャッツアイ、サファイヤ、ルビー、ムーンストーン、ガーネットなどが採れる。

History

建国から約2500年という長い歴史を持つスリランカ。過去にポルトガル、オランダ、イギリスによる3度にわたる侵略を経ながらも、その宗教観や伝統、風習を守り抜いてきた。

 紀元前5世紀の建国以来、連綿と続いてきたスリランカの歴史。建国の時期は、ブッダが亡くなった頃とも言われている。
 竹内雅夫氏の『マハーワンサ ——スリランカの大年代記——』(星雲社)によると、「釈尊は、その在世中に3度スリランカを訪れ、当時この島に住んでいた人々(先住民)を教化し、島を浄化して『仏法の島(ダンマ・ディーパ)』としての基礎づけをした」のだという。いくつかの重要な仏教界の動きがあった後、ようやくスリランカ建国の王ヴィジャヤが登場する。
 インドからスリランカに渡ってきたヴィジャヤ王は、紀元前543年にアヌラーダプラの地に都市を建国。紀元前2世紀以降には、南インドからタミル人をはじめとする移住者が増え、現在のスリランカ・タミルの礎となった。
 5世紀になると、現在は世界遺産となっているシーギリヤ・ロックの頂上に、王カーシャパが華麗な宮殿を築いた。そして11世紀には、南インドのチョーラ朝が侵入したことにより、王都を放棄。王国はポロンナルワに移動し、その後、王都となった。
 13世紀にはマルコ・ポーロが、14世紀にはイブン・バットゥータが来島。それぞれが記した『東方見聞録』、『三大陸周遊記』には、その記録が残っている。
 15世紀には明の朝貢国となり、ほぼ同時期にキャンディ王国や、コーッテ王国、ジャフナ王国等が築かれた。
 16世紀に入ると、ポルトガルによって植民地化され(1505-1658年)、17世紀には、オランダによって植民地化される(1658-1796年)。さらに18世紀になると、イギリスの東インド会社によりコロンボが占拠され、植民地化が始まった(1796-1948年)。
 1948年2月4日、イギリス連邦セイロン自治領として独立。1972年には、シリマヴォ・バンダラナイケが首相に就任したことにより、共和制に移行。「スリランカ共和国」として、イギリス連邦からの独立を果たした。1978年には現在の「スリランカ民主社会主義共和国」に改称された。
 1985年、スリランカの国会議事堂はコロンボからスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ(コーッテ)に移された。この「コーッテ」という俗称は、15世紀に築かれたコーッテ王国にちなんだもの。国会議事堂移転前は自然豊かな沼地であったが、現在は都市計画がなされ、しっかりと整備されている。国会議事堂は、スリランカが生んだ建築界の巨匠、ジェフリー・バワによる設計である。
 建国より、いくつもの困難を乗り越えてきたスリランカ。現在は政府によって、民族と宗教の融和をはかりながら、バランスの取れた開発が進められている。

Photography YUYA SHIMAHARA KISUZU
Edit & Text YURIKO HORIE
Special Thanks
 Sunil Wickrama
 Embassy of Sri Lanka in Tokyo
 Bansei Ayurveda Co., Ltd.
参考文献
『スリランカ 時空の旅』 竹内雅夫 東洋出版株式会社 2008年
『マハーワンサ ——スリランカの大年代記——』 竹内雅夫 星雲社2017年

こちらの情報は『CYAN ISSUE 016』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES