next prev cart fb in line link open tw yt

アクセサリーバングを身に纏いロマンティックにドレスアップ

Salon CIECA. / Hair Stylist KAZUHIRO NOGUCHI / Model MITSUKI SHINA

ポイントは”幅を狭く、量を少なく取ること”。ノーズラインでカットして16mmのコテでしっかりカールさせると出来上がる。ベースは表面にだけ軽くレイヤーを入れて、シンプルに。全体をラベンダーアッシュで染め上げることで、ほんのり甘くレディな印象に。

この冬光を宿す大人のガーリールック

Salon LOAVE AOYAMA / Hair Stylist SAORI ISSIKI / Model LE THUY UYEN

くすみがかったバーガンディールージュ。ハイライトとローライトをランダムに仕込むことで、ヘアに奥行きができる。肩ラインで前上がりベースにカットし、フロントにはレイヤーをプラス。バングは眉ラインでカットした。トップやバングはピタッとタイトにつくり、毛先を26mmのコテで外ハネにして動きをだす。落ち着いた髪色と外ハネの組み合わせで、程よく甘さを抑えた大人のボブにまとめる。

あどけなさが残らないボブスタイル

Salon EARTH HON-ATSUGI / Hair Stylist SAYO TAKAKU / Model ANNA WATANABE

肩ラインでカットしたボブスタイル。髪色は、ライラックベースのカラーをグラデーション状に染め上げてつくる。バングは眉ラインでカットし、26mmで巻いてからセンターで分けた。毛先は内側を外ハネ、外側は内巻きにすると立体感のあるスタイルに。

バングで差がつくガーリーモード

Salon / CHAUSSE-PIED EN LAITION Hair Stylist / KUNIHIRO Model / MISAKI KAYA

ランダムにいれたハイライトは8トーンのオレンジアッシュをチョイス。鎖骨下でパツっとカットし、毛先は外ハネにする。バングは眉上で水平に切ったあと、ハサミを縦に入れ、少しギザギザにするとこなれ感あアップ。

Photography YUYA SHIMAHARA
Edit SATORU SUZUKI
Text AKIKO TSUNODA
Web Edit KIKUNO MINOURA

こちらの情報は『CYAN ISSUE 018』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES