next prev cart fb in line link open tw yt

物を見るときに色やデザインは元より、素材や質感といった細かいディテールがとても気になる。珍しい素材や凝った加工が施された商品を手にすると、制作側のこだわりを感じて独りでニヤッとしてしまう。パッと見では気付かない、風合いや触れた時の心地良さがその物への愛着をより深めるのだと感じる。自分が作品を作る上でも大事にしたいと思うことのひとつだ。

紙や加工の違いで多種多様な箱に

ザラザラとした感触に仕上げた標本箱

Edit ERIKA TERAO

こちらの情報は『CYAN ISSUE 018』に掲載されたものを再編集したものです。

SERIES